保育士資格を独学で取得したい!保育士試験の難易度やおすすめの勉強法

2020.01.17保育士の資格取得
Pocket

保育士資格を独学で取得働く女性が増えることで保育所の需要はますます高まり、保育士不足は深刻化しています。そんな背景もあってか、セカンドキャリアなど将来の選択肢として保育士が注目を集めています。

中でも学業を優先したい学生や働きながらの資格取得を目指す社会人、子育て中の主婦などの間で、独学での資格取得を目指す人も増えてきました。今回は、保育士資格の取得方法や保育士試験の難易度、独学で取得するための勉強法などをご紹介します。

保育士資格は独学でも取得できる?資格の取得方法

もともと「保母さん」と呼ばれ、古くから女性の代表的な仕事だった保育士。保育士資格は長らく民間資格でしたが、平成15年の改正児童福祉法の施行により国家資格になりました。現在では男女を問わず、人気のある職種の1つです。

保育士資格を取得するには、次のような方法があります。

保育士資格の取得方法①「指定養成校の課程を修了する」

学校で学ぶ学生厚生労働大臣指定の大学、短大、専門学校で所定の課程を履修することで、学校卒業時に保育士資格が取得できます。

学校の卒業と同時に資格が取得できるので、比較的確実に取得できる半面、2~4年の通学期間が必要なこと、一定の授業料の支払いが必要などの負担もあります。

保育士資格の取得方法②「保育士試験を受験し合格する」

保育士試験の受験者たち年2回、全国で実施される保育士試験に合格することで、保育士資格が取得できます。

一発勝負の試験に合格するという高いハードルがあるものの、数カ月での合格を目指すことも可能です。通信講座やスクールを受講するほか、テキストなどを使って独学で勉強をして試験に挑むこともできるため、現在他の職種で働いている社会人や保育系の学科以外の学生の方、社会復帰を望む子育て中の方にも、挑戦しやすい方法といえます。

保育士試験とは?受験資格や実施時期、受験料について

独学で挑戦することもできる保育士試験とは、どのような試験なのでしょうか。ここでは、保育士試験の受験概要についてご紹介します。

保育士試験の受験資格

保育士試験を受けるには、以下のような条件のうちいずれかを満たしていることが必要です。

  • 大学、短大を卒業していること
  • 大学に2年以上在学していて62単位以上修得していること
  • 平成3年以前に高校を卒業していること
  • 児童福祉施設などでの一定期間の実務経験があること

上記の他にも細かい条件が定められており、例えば海外の学校を卒業した場合は受験資格の有無を調べてもらうために書類を提出する必要があります。

受験資格の条件を満たしていない場合、試験を受けることができないため、下記のサイトで事前に確認をしましょう。

参考:受験資格|一般社団法人全国保育士養成協議会

保育士試験の概要

保育士実技試験のピアノ保育士試験は年に2回、前期(春)と後期(秋)に行われています。筆記試験と実技試験があり、筆記試験の合格者のみが実技試験に進むことができます。

筆記試験の科目は、全9科目です。試験時間は1科目60分で、試験は2日間にわたります。また、それら全科目に合格する必要があります。ただし幼稚園教諭免許を保持しているなど、一定の条件で免除される科目もあるため、該当するか確認しておきましょう。

実技試験は音楽、造形、言語の中から2つを選び受験します。

受験料は、2019年は12,950円でした。その他、試験日程など詳細については、全国保育士養成協議会のホームページに掲載されていますからしっかり確認しておきましょう。

参考:保育士試験を受ける方へ|一般社団法人全国保育士養成協議会

気になる保育士試験の難易度は?

国家資格の中では、保育士試験の各試験科目の合格ラインは高くないといわれています。しかし、資格取得の合格率となると低くなる特徴があります。

厚生労働省が発表している平成30年度保育士試験の実施状況によると、受験申請者68,388人中の合格者は13,500人で、合格率はおよそ20%です。10人中2人の合格と考えると、決して高い合格率とはいえません。

保育士試験の最大の難関は、筆記試験といえます。9科目ある試験の合格ラインは、100点満点中60点です。全ての科目が60点を超えて、初めて「筆記試験合格」となります。難しいとされる理由は、出題範囲が広く覚えることが多い点です。

ただし、筆記試験科目には合格科目の免除期間が設けられています。受験した年を含め3年以内に全科目合格すれば良いので、再度受験する場合は不合格だった科目に絞って勉強することができます。複数回チャレンジして合格を勝ち取る受験者もいます。

筆記試験に合格すると、2次試験の実技試験に進むことができます。実技試験の合格ラインは、各科目50点満点中30点です。筆記試験と同様、6割を超えれば合格です。

2次試験の合格率は例年80%を超えていますので、筆記試験の通過で合格の可能性はぐんと上がるでしょう。それでも2割の方は不合格となるため、実技試験の内容に合った受験対策は欠かせません。

独学で保育士資格取得を目指すメリットは?デメリットもあるの?

ここでは、独学で保育士試験を突破して保育士資格取得を目指すメリットとデメリットをご紹介します。

独学のメリット

子育てをしながら勉強をする女性独学の最大のメリットは、大学や短大、専門学校などに通わなくても受験ができることです。学生や社会人、育児中の方などの場合、通学時間を捻出することは大きな負担になります。独学なら、ご自身のペースで勉強が進められます。

さらに、学校に通えば百万円単位、通信講座の利用でも平均で6万円ほどの費用が掛かりますが、独学ならテキストの購入費用だけで済みます。それ以外は受験料のほか、楽譜や色鉛筆、絵本の購入費用など、実技試験の選択科目に応じて掛かる費用を考えておけば良いので、独学は費用を抑えられる方法です。

独学のデメリット

モチベーションが低下している女性独学の最大の課題はモチベーションを維持することです。特に出題範囲が広い筆記試験は、効率的な勉強が大切で、自己管理の是非が合否を分けるともいえます。一緒に学ぶ誰かや、添削してくれる人の有無でモチベーションも左右されるもの。1人で学ぶことには、強い意志が求められます。

独学でもモチベーションを維持するためには、家族や友達に保育士試験の勉強をがんばっていることを報告して応援してもらったり、SNSに「#保育士試験」などのハッシュタグをつけて投稿をしたり、ハッシュタグ検索をして同じ様に日々勉強に励んでいる人たちの投稿を見るのがおすすめです。

また、大手通信講座などは毎年の受験傾向や試験に関する情報を持っているため、近年話題のニュースやトピックスの出題など、今年の傾向を予測した的確なアドバイスを受けることができます。

独学では、受験に関する最新情報を自分でチェックする必要がある点もデメリットといえます。

独学で保育士試験に挑む方におすすめの勉強法

筆記試験はこうやって乗り切ろう!

筆記試験の勉強過去問題集や対策本なども数多くありますが、ご自身が馴染めるテキストを見つけましょう。何冊ものテキストを広く浅く読むよりも、1冊のテキストをしっかり読み込むことが大切です。

重要事項や覚えにくいことは、ノートに書き写してまとめましょう。読むだけでなく、書き写すことでさらに頭に入ります。また、自分の弱点をまとめたノートを何度も見直し、記憶を定着させましょう。テキストの確認問題を活用しても良いでしょう。

テキスト全体の内容を把握できたら、過去問を数多く解くことがおすすめです。過去問を解き間違えたら都度テキストで確認することを繰り返し、苦手分野を克服しましょう。

過去問題集は、最新のものを購入することが大切。制度の変更などで、○だった問題が次の年度には×になる可能性もあるので注意が必要です。最新の過去問題集なら、安心して勉強ができます。

実技試験対策はこれがおすすめ

色鉛筆とスケッチブック3つの科目から2つを選ぶ実技試験ですが、音楽と言語の課題曲とお話は毎年変更されます。受験する回の試験ではどのような課題なのかをよく確認し、得意な分野を選びましょう。

実技対策は、練習あるのみです。下記の対策記事や、動画サイトなどを参考にしましょう。練習を家族や友人に見てもらうことや、動画に撮ってみて客観的な目線で見てみる機会を作ることも大切です。

音楽の実技試験対策はこちらのページをチェック!

保育士試験では筆記試験が終わると、次は1カ月後の実技試験が待っています。「音楽」「造形」「言語」の中から2つを選択して受験する実技試験ですが、「音楽」で受験する方も多いのではないでしょうか。今回は保育士試験の実技「音楽」をピアノで受験する方向けの情...

造形の実技試験対策はこちらのページをチェック!
保育士試験は筆記試験が終わると、実技試験の準備が始まりますね。素早く気持ちを切り替えて、実技試験の対策に取り組みましょう。今回は、「音楽」「言語」「造形」の3分野から2つを選択する実技試験の中から「造形」について取りあげ、試験に向けての絵の練習方法...

言語の実技試験対策はこちらのページをチェック!
保育士試験に挑むみなさま、筆記試験は無事乗り切れたでしょうか。次は、1カ月後に迫る実技試験の対策をしましょう。「音楽」「造形」「言語」に関する技術が問われる保育士の実技試験の中でも、今回は「言語」を受験する前に知っておきたい台本作りや練習のコツをご...

保育士資格の独学取得に関するまとめ

今回は、保育士試験を独学で突破するために大切なポイントをご紹介しました。

保育士試験は、筆記試験で全科目が合格点に達しないと実技試験へ進めないため、合格率が例年20%前後と難易度の高い試験ではありますが、独学で取得することは十分可能です。

独学での保育士資格取得はモチベーションの維持などが課題となってきますが、試験対策に掛かる時間や費用をぐっと減らすことができるのが大きなメリット。毎年、多くの方が独学で保育士試験に挑戦し、結果を残しています。

保育士になりたい!という気持ちをモチベーションの源に、計画的な勉強と対策で合格を勝ち取ってくださいね。

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
タグ : 保育の資格
Pocket

The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!