保育園の夏祭り♪子どもが喜ぶ出店・景品をご紹介

2019.07.19保育の仕事

保育園の夏祭り
保育園の夏の行事といえば、夏祭り。年間行事のなかでも、子どもたちが特に楽しみにしている行事のひとつです。
準備は大変かもしれませんが、子どもたちの思い出に残る夏祭りにしたいもの。今回は準備が簡単なのに子どもから大人まで楽しめる、夏祭りを盛り上げる出店や景品についてご紹介します。
「夏祭りの催し、どう準備しよう?」とお悩みの保育士さんは、ぜひご参考にしてください。

保育園の夏の一大イベント・夏祭り!

夏祭りは、各地域で昔から伝わる日本の伝統文化のひとつ。地域との繋がりが希薄になりつつある現代では、子どもたちに知ってもらいたい季節行事として、多くの保育園で開催しています。
保護者参加型で行うことも多く、中には近隣住民の方を招いて行う保育園もあります。夏祭りを通じて親子、職員、地域の方との親睦を深める場としての役割も担っているのです。

保育園の夏祭りで人気の出店 ~屋台編~

保育園の夏祭りの屋台
夏祭りに欠かせないものといえば、食べ物を売る屋台です。準備や調理、片付けが簡単で、衛生面や安全面を考慮して、なるべく火を使わずできる簡単なメニューを選ぶと良いでしょう。
食物アレルギーを持った園児がいる場合は、アレルギー食材を避けたメニューを選ぶ、アレルギー表示をしっかりするなどの配慮が必要です。
また、特定多数の人に飲食物を提供することになるため、地域の保健所への届出も必要になります。こちらも忘れないように注意しましょう。

フランクフルト、ハッシュポテト

調理加工済みのフランクフルトやハッシュポテトなら、火を使わず電気のホットプレートで焼くだけなので簡単に作れます。ボリュームもあるので子どもたちの満足度もアップするでしょう。

ポップコーン

ポップコーンマシーンをレンタルすれば、材料や道具も一緒にオーダーできるので、準備に手間がかかりません。目の前でポップコーンができる光景に、子どもたちが興奮するのも間違いなしです。
始まるまでに量をまとめて作っておけば、夏祭りを楽しむ余裕をもって進めることができますよ。

かき氷、綿あめ

暑い夏には大人気のかき氷。こちらも機械をレンタルすれば、手間もかかりません。綿あめも同様に簡単で人気の高い屋台です。

保育園の夏祭りで人気の出店 ~ゲーム編~

保育園の夏祭りのゲーム
出店で行うゲームは、乳児でも楽しめるものを取り入れましょう。

スーパーボールすくい

スーパーボールを大きめの桶やビニールプールに入れて、スーパーボールすくいをするのも子どもに人気のゲーム。
すくうのは穴あきお玉を使えば、乳児でも簡単にすくえます。年中さん以上では、金魚すくいの「ほい」を準備して難易度をあげるのも良いですね。
あらかじめ、すくえるのは1人何個まで、気が済むまですくった後に好きなものを何個まで持ち帰れる、などのルールを決めておきましょう。

的あてゲーム

準備した的にボールを投げるだけなので、小さな子でも遊べます。
的を鬼や妖怪などやっつけキャラにしたり、的に数字をふって順番にあてたり、得点を競ったり。動物の口に見立てた穴をめがけてボールを投げ入れるようにしても楽しいでしょう。

わなげ

市販のわなげセットがなくても、新聞とペットボトルがあれば、簡単に準備することができます。
細く巻いた新聞を輪にすれば、投げ輪の出来上がり。500mlのペットボトルに水を入れたものを的にすれば、わなげセットの完成です。ペットボトルに色水やプラ版などを入れるときれいになります。

魚釣りゲーム

魚の形にしたダンボールに絵を描いた画用紙を貼り、先端に磁石やダブルクリップをつけておきます。タコ糸の先端に磁石をつけた釣り竿を準備すれば完成です。
何匹まで釣ったら景品と交換というルールにしたり、魚にお菓子をつけたりしてサプライズな景品にしてもいいですね。

空き缶積み

よーいドン!でスタートして、30秒で空き缶が何個積めるかを競うだけの簡単なゲームです。
空き缶の飲み口でケガをしないように、プルタグを外して、ビニールテープで補強をしておくと安心です。

保育園の夏祭り用の景品はどんなものがいい?

保育園の夏祭りの景品
ゲームの後のお楽しみといえば景品です。もらった子どもが思わず喜ぶような、人気の景品を集めました。

駄菓子

子どもたちが喜ぶ景品の一番人気はやっぱりお菓子。駄菓子系のお菓子を問屋や専門店でまとめ買いすれば、低予算で準備ができます。
ただし、屋台と同様、食物アレルギーの子どもへの配慮は忘れないようにしましょう。

マグネット

100均などで売っているマグネットに、シールを貼るだけで立派な景品に。子どもたちに人気のキャラクターのシールにすれば、それだけでも子どもたちは盛り上がりますね。

表彰メダル

折り紙でメダルや花を折り、首からかけられるようにリボンテープをつければ完成です。定番の景品ですが、もらった子どもは誇らし気に大切にしてくれます。

折り紙で作ったおもちゃ

少し手の込んだ折り紙なども喜ばれます。
ドラゴンやユニコーンなどの動物や怪獣は男の子に人気です。女の子には指輪が人気。キラキラの紙で使ったり、ハートの形に仕上げたりするととっても喜びますよ。
男女ともに人気なのは、コマや手裏剣。その場で遊べるところがポイントのようです。

まとめ

子どもたちが楽しみにしている、1年に1度の夏祭り。すべてパーフェクトを目指すと大変なことにもなりかねません。
楽しみながら準備できる程度のものを用意して、保育士を含めた参加者全員が楽しめる夏祭りにしてくださいね。

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
タグ : イベント・行事
The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!