東京都の保育士の給料相場は?家賃補助などの手当についてもご紹介

2019.07.31保育士の給与・年収

東京都の保育士の給料や手当
保育士さんが途中退職してしまう理由の1つには「お給料が低い」ことが挙げられるといわれています。しかし実際に、保育士さんの給料は他の資格職と比較して低いのでしょうか、もしそうであれば今後の給与水準も低いまま推移するのでしょうか。
今回は、東京都の保育士さんについて、実際の給料相場についてご紹介します。家賃補助など、生活コストにかかわる手当などについてもご説明しますので、東京で保育士のお仕事を探している方はぜひご参考にしてください。

東京都の保育士求人情報♪
キララサポートでは東京都エリアの保育士求人を掲載しています!人気のエリアの保育士、ほか栄養士、管理栄養士、幼稚園教諭などのお仕事も掲載中です!
東京都内の保育士求人特集はこちら

東京都の保育士の給料相場

東京都の保育士の給料相場ここでは、厚生労働省の統計データ「平成30年賃金構造基本統計調査」をもとに、東京都の保育士の平均給料額についてご紹介します。

東京都の保育士の平均給料と全国平均との比較

「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、東京都の保育士(女性)の給料額の平均は、月収で約31.2万円となっています。
一方で、全国の保育士の給料平均額は約23.8万円となっています。東京都の保育士は、全国平均と比較して月収で7万円以上も給与水準が高いのです。
東京都の保育士の給料相場は

参考資料:平成30年賃金構造基本統計調査

保育士の給与水準は地域によって異なる

他の職業と同じように、保育士のお給料も都道府県によって給与水準にばらつきがあります。
この差が生じる原因は、地域ごとの生活コストに応じた給与水準だけでなく、都道府県単位で実施している保育士支援策の有無にもよります。
東京都を始めとした保育士不足による待機児童問題が深刻化している自治体においては、保育士の給与補助に関する政策が多く実施されています。東京都では保育士の給与補助を実施しており、従来の給料額に月額平均で4.4万円を上乗せして支給されています。

東京都の保育園を取り巻く状況

東京都の保育園の状況東京では全国的にも待機児童問題が特に問題視されており、その背景に保育士不足があることも先に述べたとおりです。
そこで「潜在保育士」と呼ばれる、保育士免許を持っているけれど、現在は他の職業についていたり専業主婦をしていたりする労働者を掘り起こす取り組みが実施されているのです。
現在でも保育士対策が積極的に取り組まれている東京都ですが、まだまだ現状では保育士の数が足りないといわれています。

そのため、今後も新たな補助金制度の整備などによって給料アップを見込める可能性があると考えて良いでしょう。

東京都の中でも給料差がある

東京都は保育士の給料が全国的にも高い地域であることが分かりましたが、東京都の中でも区や市によって給与水準が異なります。
その要因は、区独自の補助金制度などが設けられているなどの理由があるためです。
特に待機児童数が多いとされている世田谷区や大田区などでは、積極的に保育士の給与補助を実施しています。このため、区によっても保育士の収入に違いが生まれているのです。

このように、保育士の待遇改善が積極的かどうかによって給与水準も大きく変わってきます。

また、東京都は数多くの保育園がある地域ですから、保育園の事業形態によって補助金を受けている園とそうでない園があります。すべての園に補助金が行きわたっているとは限らないため、園ごとの給料にもかなりの差が出ていることが考えられるでしょう。
都区内での保育士の給料差は、一般的な生活コストの水準の違いも要因の1つです。

東京23区内でも、一般的に生活コストが高額になる南部・西部の区では給料が高めに、生活コストが低く済む北部・東部や23区外では、給料が低めになる傾向があります。
とはいっても、東京都は日本でもっとも待機児童数が多く、保育士が足りないといわれている都道府県です。さまざまな施策によって保育士を確保する政策が実施されていますから、保育士として働くならおすすめの地域といえるでしょう。

東京都は家賃補助手当も充実している

東京都の家賃補助手当
これまでにご紹介した給料の額には、基本的に家賃補助などの諸手当は含まれていません。保育士さんに限らず、東京都で働くとなれば気になるのは生活コストの高さですね。そのなかでも、他県と比較して高いといわれるお家賃の問題は特に深刻でしょう。
そんなお家賃事情を背景に、東京都の各区では保育士の家賃補助も積極的に実施しています。
たとえば、特にお家賃が高いといわれる港区では約11万円、千代田区では約13万円、渋谷区では約10万円、目黒区では約9万円の家賃補助を行っています。またその他の区でも、8.2万円の家賃補助を受けることができます。
「単身で東京へ行って保育士として働くにも、月々のお家賃が心配」という方も、家賃補助が手厚い区での就職を検討すれば、かなり生活コストの負担を抑えられるでしょう。

まとめ

今回は、東京都における保育士の実際の給料額や、家賃補助などの政策による待遇改善措置などをご紹介しました。
東京都の保育士の平均月収は約31.2万円となっており、全国平均と比べると約7万円も高給与なことが分かりました。家賃補助などの手当も充実しており、保育士の待遇は全国でも指折りといえるでしょう。

「保育士さんのお給料は安い」と言われがちですが、働く地域によっては制度が充実しているため、東京都のように頑張りをお給料として実感できる職場が多い地域も少なくないようですね。
お給料の低さを理由に他の園への転職を考えている保育士さんは、給料相場が高く求人も多い東京の保育園への転職を検討してみては検討してみてはいかがでしょうか。

東京都の保育士求人情報♪
キララサポートでは東京都エリアの保育士求人を掲載しています!人気のエリアの保育士、ほか栄養士、管理栄養士、幼稚園教諭などのお仕事も掲載中です!
東京都内の保育士求人特集はこちら
キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!