パート保育士なのに激務!責任が重いと感じたときの改善方法や転職のポイント

公開日: 更新日: 保育 , 保育の仕事 , 保育士の働き方・環境

家事や育児と両立しつつ保育士を続けたい方や、ブランクがあるため正社員ではなくまずは保育補助で保育士復帰したい方などに人気の働き方が「パート保育士」です。パート保育士は正社員の保育士の補助が主な役割であり、仕事量や責任の重さは正社員保育士よりも軽いとされています。しかし、職場によってはパート保育士にも正社員保育士と同じ業務量を求めるところもあるようです。今回のコラムでは「パート保育士なのに激務」であることを悩んでいる方向けに、改善方法をご紹介いたします。

パート保育士なのに正社員並みの仕事が沢山?!

「パート保育士であれば仕事量は多くないのでは」と思っていても、実際に働いてみると正社員並みの仕事を任されるケースがあるようです。具体的なパート保育士の方の悩みをご紹介します。

パートなのにクラス担任を任される

時短勤務で働いている方や毎日出勤しない方でもクラス担任を任されるケースがあるようです。クラス担任の業務は勤務時間が限られているパート保育士には難しく、責任が重いといった悩みに繋がっています。

正社員と同じ仕事量なのに給料に差がある

仕事量や責任が正社員と同じであるにも関わらず、給料は正社員の方が高いため不満に感じる方が多いようです。パートの場合、昇給やボーナスもないため、当然のことながら仕事量と給料が見合わず転職を検討する方もいらっしゃいます。

残業や持ち帰り仕事をしなければならない

正社員の残業や持ち帰り仕事は以前より問題視されていますが、職場によってはパート保育士も仕事を家に持ち帰らなければならない保育園もあるようです。具体的には行事や季節の制作物や連絡帳などの事務作業を任されてしまい、業務時間内に終わらなかった結果、残業や持ち帰り仕事になっているようです。家事や育児とのバランスをとるため、給料が安くなってもパート保育士の働き方を選んでいるにも関わらず、結局家庭の時間を削ることになってしまうという悩みに繋がっています。

パート保育士の仕事内容はあくまでも「保育補助」

保育室内本来、パート保育士の主な仕事は保育補助であるとしている職場がほとんどです。具体的には正社員保育士の補助や担任が対応しきれない範囲での子どものお世話、トイレ補助などが一般的で、あくまでも主体となるのは正社員保育士であるのが前提です。基本的に担任業務は正社員保育士が担当するため、おたよりや書類作成といった事務作業は少ないといわれています。

なぜパートなのに正社員のような働き方になるのか

上記でパート保育士の仕事は「保育補助」がメインと解説しましたが、下記のような理由により正社員並みの業務を請け負わなければならない場合があります。

・園がブラック企業体質で、正社員よりも低い給料で雇えるパート保育士に頼ってしまっている
・園の方針や人手不足からサービス残業等などしなければいけない
・待機児童の解消で保育園の数が増えているが保育士確保が間に合っていない
・正社員がおらずパート保育士の割合の方が大きい
・1年目もしくは3年以内に保育士が辞めてしまい、人手が足りない状態となっている

保育園で保護者から子どもをお預かりしてお世話をする保育士の仕事。子どもの頃に憧れていたという方も多いのではないでしょうか。保育士として働くためには保育士の資格が必要ですが、実は、保育士資格を持っていなくても保育園で働くことができるのです。今回は、...

働き方を改善するにはどうすればいい?

連絡帳に記入する保育士家庭や育児と両立しやすい点や業務負担が比較的軽い点がパート保育士の魅力ですが、正社員と変わらない仕事量となると働くメリットが少なくなってしまいます。改善のためにできることをご紹介します。

主任や園長に相談する

負担の大きい仕事を任された場合や、業務量が多く残業・持ち帰り仕事でなければ対応できない時は主任や園長に相談してみることをおすすめします。パート保育士という立場上伝えにくい場合もありますが、相談しやすい雰囲気であれば現状を知ってもらうところから始めるとよいでしょう。

転職を希望しない場合は正社員雇用への切り替えも

今働いている職場が気に入っていて転職はしたくないと感じている場合は正社員雇用への切り替えという手段もあります。勤務する園の予算や正社員の人数次第ではありますが、正社員が足りていない場合は検討してもらえるかもしれません。

現在パート保育士として働いている方の中には、正社員雇用に興味を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。正社員の方が収入が高くなるのは分かっているものの、どちらの働き方が合っているか分からず迷っている方も多いかもしれません。今回のコラムでは...

思い切って転職して環境を変える

園長に相談しても解決しない場合や、パート保育士なのに負担が大きすぎると感じたら転職するのも一つの手段です。パート保育士に任せる仕事内容と正社員の仕事にしっかりと線引きをしている職場も多くあるため、無理をせず求人を探してみてはいかがでしょうか。

パート求人を見る

転職で失敗しないための園の見極め方

○×クイズの札転職で同じ失敗をしないために、パート保育士が激務な職場かどうかのチェックポイントをご紹介します。

掃除や片付けができていない

部屋に使っていないおもちゃが散らかったままになっている園や、遊具のメンテナンスがされていない園は人手不足により手が回っていない場合があります。

保育士の人数が少ない

子どもに対する保育士の数が少ない園は、パート保育士が担任などを任されやすい傾向にあります。

若い年齢の保育士がいない

若い年齢の保育士が少ない園は新人が辞めてしまう職場、入れ替わりが激しい職場であると予想されます。保育士が定着している保育園かどうか、事前に調べておくと安心です。

上記でご紹介したのはあくまでも一例のため、最終的な判断は様々な情報を集めてから決めて頂くことをおすすめします。一人で探すのが不安な方は、転職のプロと一緒に転職活動をしてもいいかもしれません。

無料で相談してみる

パート保育士として長く働くには職場選びが重要!

保育園の教室内の様子パート保育士としての勤務先選びの際にしておきたい行動をご紹介します。

実際に応募先の園を訪問する

パート求人に応募する際は実際に園見学に行き職場の雰囲気などを見ておくことをおすすめします。また、見学するだけでは正社員とパートの比率が分からないため、どの雇用形態の方が何名ずつ働いているかも聞いておく方が安心です。

仕事内容をしっかり確認しておく

残業や持ち帰り仕事は想定されているか、クラス担任になる可能性があるかなど、業務に関する内容を把握しておくことで、転職後の後悔を減らすことができます。

転職エージェントを利用する

自分で見極めるのが難しい場合は、職場の雰囲気や園の体制などに詳しい転職エージェントに相談すると良いでしょう。自分の希望条件に合った求人をピックアップしてもらえるため、忙しい方もスムーズに仕事を探すことが可能です。

保育求人を探すなら、キララサポートにお任せください!

転職の際は、エリア毎に担当者が在籍し、各保育園のリアルな情報を把握しているキララサポートにご相談下さい。特に、パート保育士の業務範囲や残業の情報など、保育園に直接聞きづらい内容もキララサポートならしっかり把握しています!面接対策や履歴書のアドバイス、入職後のフォローも手厚いため、転職活動が不安な方にもおすすめです。

無料で相談してみる

まとめ

パート保育士が仕事量の多さに悩む例と働き方改善の方法をご紹介しました。パートとして勤務しているのに、正社員並みの負担を感じている場合は、転職も一つの手段です。パートと正社員の業務をしっかり分けている職場も多くあるため、まずは求人探しから行動に移してみてはいかがでしょうか。

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!