保育士だけど虫が嫌い…どうしたら苦手を克服できる?

公開日: 更新日: 保育 , 保育お役立ち情報


子どもが命の尊さや自然の面白さを知るきっかけの一つが虫との触れ合いです。ただ、虫が嫌いな保育士の方にとって、虫との触れ合いの場を積極的に設けることは抵抗があるかもしれません。虫嫌いを克服できれば保育の幅も広がりますが、克服するコツはあるのでしょうか。本コラムでは、虫が嫌いな保育士さんをテーマに、克服するためのポイントをご紹介します!

保育士にとって虫が嫌い・苦手だと困ることは?

腕組みして悩む女性虫が嫌いな保育士の方はどのようなことに課題を感じているのでしょうか。

子どもとコミュニケーションを取りにくくなる

子どもは捕まえた虫を保育士に見せたいと思っているにも関わらず、その虫に対して嫌悪感を見せてしまうことにより子どもの行動を否定することに繋がります。虫が子どもとの会話の中心になることもあるため、保育士が虫に対して否定的な発言をしてしまうのは避けたいですね。

保育業務に支障が出る場合もある

保育士にとって自然や虫、生き物との交流も業務の一部となります。主に下記のような活動で、虫に触れるケースが想定されます。

自然遊び・学習がある

生き物や自然の事象の観察を通して生命の仕組みや不思議さを学べる活動を「自然遊び」または「自然学習」といいます。虫との交流からは、季節の変化や命の尊さ、生き物の面白さに気づくことができるため、保育士としては積極的に行いたい活動です。

虫の飼育がある

園やクラスで虫を飼う職場も多いのではないでしょうか。オタマジャクシやカブトムシは科飼育がしやすく人気の傾向にあります。生き物の世話をするにあたり、子どもでは難しい作業は保育士が担当することになります。いざというときに、カブトムシの幼虫が触れず困ってしまった、というケースもあるようです。

虫嫌いは克服すべき?克服するコツ

虫が嫌いだからといって保育士が向いていないという訳ではありませんが、虫を通じて教育する場面が出てくることや、子どもとのコミュニケーションの一部となることを考えると克服する、慣れる努力は必要といえます。

直接触るのはちょっと…という方

毒や針のない虫であれば、触っても害はありません。少しずつでも、触ることの恐怖心を減らしてみましょう。ダンゴムシなど、噛まない小さな虫から挑戦し、徐々にバッタなど子どもに人気な虫に慣れてみてはどうでしょうか。また、虫は持つ場所によって強く抵抗するため、どこを持てばいいのかなど調べておくと子どもにも教えられるのでおすすめです。

見るのも無理!という方

いきなり実物で挑戦するのは難しいため、まずは図鑑で見ることから始めてみましょう。図鑑では虫の勉強もできるため、見ることに慣れつつ子どもに教えられる知識も身に付くのでおすすめです。子どもの捕まえてきた虫に驚かなくなる、虫に関する会話ができるようになるだけでも大きな一歩です。

虫が苦手でも子どもに共感することはできる

虫を見せてくれる子どもに対して、触れなくても共感してあげることはできます。「足が〇本あっておもしろいね」「見たことのない色の虫だね」など、驚きや感動する気持ちを表現してあげることで子どもの興味も引き立てられます。

危険な虫については覚えておく

子どもは何でも触ってしまうため、危ない虫でも触れてしまう場合があります。どういった虫が危険か、触ってしまった場合の対処はどうすべきかなどは虫が苦手でも保育者として持っておくべき知識といえます。

虫が苦手な保育士さんにおすすめの職場は?

外で遊ぶ機会がある以上、全く虫に遭遇しない保育士の職場を探すことは難しいといえます。ただし、園庭がない保育園や院内保育所、企業内保育所などの場合、自然と関わる機会は少ない傾向にあります。また、小さな規模で保育を行っている施設は虫や生き物を飼うスペースがないため、飼育のために関わるといったことも珍しいようです。虫嫌いを克服しようと頑張ってみたものの、どうしても無理だと感じた場合は虫と関わる機会の少ない職場を選ぶのも一つの手段です。

職場探しを相談してみる

まとめ

虫が苦手な保育士さん向けに、克服のコツをご紹介しました。苦手なことは誰にでもありますし、すぐに克服するのは難しいかもしれません。子どもの興味を引き立ててあげられるよう、無理のない範囲で面白さを見つけ、親しんでいくことから始めてみましょう。また、虫が苦手な方であれば、同じく虫が触れない子どもの気持ちにも寄り添うことができます。同じ気持ちを持っているからこそ、自然遊びの中で一緒に生き物観察を楽しめるアイデアを思いつくこともできるかもしれません。ポジティブな気持ちで、子どもとのコミュニケーションを楽しんでみてくださいね。

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!