保育園でひな祭り会♪プログラムは?保育士の出し物は何が良い?

2020.02.05保育の仕事
Pocket

小さなひな人形とお菓子ひな祭りは、女の子の成長を祝う春の行事です。保育園でも「ひな祭り会」を行い、みんなで楽しい1日を過ごすところも多いことでしょう。

今回は、ひな祭り会を担当する保育士さんに向けて、プログラムの提案や、導入としての活動計画についてお伝えしますね。

「ひな祭り」の意味を知っておこう

ひな祭りは、中国から伝わった五節句(季節の節目)のひとつ「上巳(じょうし)」がルーツだといわれています。上巳は3月3日の節句のことで、「桃の節句」とも呼ばれています。桃は邪気を払う霊木だと信じられ、ひな祭りにお供えされます。

ひな祭りの由来については諸説ありますが、平安時代には「流しびな」や「ひいな遊び」がすでに行われていました。江戸時代になると「上巳の節句」にひな人形を飾るようになり、現代と同じような「女の子の成長を祝うひな祭り」に変化していきました。

保育園で子どもに伝える「ひな祭り」の意味

行事の意味を子どもたちに伝えるなら、ひな祭りには「女の子の健康と幸せを願う気持ち」がこめられていることを話しましょう。そして、女の子には「自分の幸せを祈ってくれる人への感謝」を、男の子には「友だちの幸せを祈ることの大切さ」を伝えたいですね。

保育園では「ひな祭り」にどんな活動をする?

2月下旬になると、保育園では「ひな祭り」に向けた活動が始まります。女の子だけではなく、子どもたちみんなが楽しめるものをご紹介しますね。

子どもたちと一緒に「ひな人形」を飾る

伝統的なひな人形ひな人形の飾り付けを、活動として取り入れている保育園もありますね。扱い方についてのルールをしっかり伝える必要がありますが、おひなさまを間近で見ながら説明を聞き、人形を丁重に扱いながら飾り付けをするという貴重な経験ができますよ。

ひな祭り製作をする

保育園では、自分だけの「オリジナルおひなさま」を製作します。平面的な「壁かけタイプ」と、立体的な「人形タイプ」があり、どちらも年齢や発達に合ったものを取り入れます。子どもたちが作ったおひなさまを並べて飾ると、個性の違いが出て面白いですね。

「おひなさま」になって写真撮影

保育士さんは「お内裏さま・おひなさま」の衣装を作ってみましょう。カラービニール袋を使うと、切り貼りするだけで簡単に出来上がります。「お内裏さま・おひなさま」が被っている冠や扇も必須アイテムです。子どもたちは完成した衣装を着て、ペアで記念撮影をします。

おひなさまの「顔出しパネル」を使って、記念撮影をするのも楽しいですよ。パネルを作ってしまえば、子どもが交替で顔を出すだけなので手軽にできます。パネルに描く絵は、年長さんの共同制作にするのもいいですね。

顔の丸枠を切り抜いて色を塗るだけでOKの塗り絵なら、乳児クラスでも楽しめますよ。以下の記事から塗り絵のひな形がダウンロードできるのでぜひご活用ください。

3月3日はひなまつり。ひな人形を飾ったりひなあられを食べたり、楽しみはたくさんありますが、今年はみんなで手軽に「おひなさま」と「おだいりさま」になってみませんか?今回は、塗り絵をしたあとに顔の部分を切りぬいて、自分の顔をすっぽりはめてみれば…ひな人形...

ひな祭りクッキング

ちらし寿司ひな祭りにまつわる食べものは、菱餅、白酒、ちらし寿司、はまぐりのお吸い物、ひなあられなどです。それぞれに「邪気を払う」「縁起が良い」などの意味があります。

保育園でひな祭りにクッキング保育をするなら、「ちらし寿司」がおすすめです。卵などの具はあらかじめ準備しておき、子どもがそれぞれ自分のお皿に盛り付けをします。

ちらし寿司をアレンジした「カップ寿司」も、子どものテンションが上がるメニューです。プリンカップに寿司飯を入れ、錦糸卵を敷いて、その上にうずらの卵を置きます。うずらを海苔やハムなどで飾り、最後に目や口を付ければ「おひなさまカップ寿司」の完成です。

ひな祭り会

3月3日やその前後に、子どもたちがホールに集まって「ひな祭り会」を行う園も多いですね。どのようなプログラムがあるのか、次にお伝えしますね。

保育園のひな祭り会で行われるプログラム

ひなあられ多くの保育園で行われている「ひな祭り会のプログラム」をご紹介します。

【ひな祭り会プログラム(例)】

  • ひな人形を見ながら保育士の話を聞く
  • 「うれしいひなまつり」を歌う
  • クラスごとに「製作したひな人形」を発表する
  • 保育士たちの出し物
  • おやつタイム(ひなあられ)

園によっては、以上のプログラムに「写真撮影」や「ひな祭りクッキング」が加わります。

保育園のひな祭り会におすすめ!保育士の出し物4選

ひな祭り会は「ひな人形を飾っている場所」で行うので、保育士さんがドタバタと動き回る出し物は向いていません。子どもたちが座って見ることができるものを計画しましょう。

出し物①「大型紙芝居」

紙芝居の製作ひな祭りをテーマにした絵本をベースに「大型紙芝居」を作ってみましょう。絵の得意な保育士さんが下絵を描いて、他の保育士さんが彩色をしていきます。子どもたちは、手作りの大きな紙芝居を喜んで見ますよ。

出し物②「パネルシアター」

パネルシアターの舞台は「七段飾りのひな壇」です。ストーリーは「ひな祭りなのに人形たちがどこかに行っちゃった」という出だしから始まります。ひな人形が1人ずつ戻ってきて、司会者に「どこに行っていたの?」と聞かれたら、ユーモアたっぷりの答えを返します。ひな人形が全員そろったら、みんなで「うれしいひなまつり」を歌います。

出し物③「ひな祭り○×クイズ」

○×クイズの札ひな祭りに関する○×形式のクイズを出します。2人の保育士さんが「お内裏さま・おひなさま」に扮装して、それぞれ○と×のプレートを持ちます。例えば、三人官女を指さして「これは五人囃子です。○と×どっちでしょう?」など、簡単なクイズにすると子どもたちみんなが参加できますね。

出し物④「顔出しパネルショー」

顔出しパネルを作ったら、保育士の出し物にも活用したいですね。保育士が順番に穴から顔を出して、「これは誰でしょう?」とクイズにします。保育士は面白いメイクをしたり、サングラスやマスクで顔を隠したりすると、誰なのか分からなくなるので盛り上がりますよ。

保育園のひな祭り会に関するまとめ

今回は、保育園のひな祭り会におすすめのプログラムや出し物についてご紹介しました。

保育園のひな祭り会に参加することで、子どもたちは「友だちと一緒に過ごすひなまつり」を経験します。ぜひ、思い出に残る楽しいプログラムを準備したいですね。

子どもたちが喜ぶ出し物やパネルなどを準備して、素敵なひな祭り会にしてください。

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
タグ : イベント・行事 春の行事
Pocket

The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!