保育士なら知っておきたい雑学や由来が丸わかり!2020年12月の行事・イベント紹介

2020.11.02保育 , 保育お役立ち情報
Pocket

12月の二十四節気

まずは12月の二十四節気をご紹介します。二十四節気とは、1年間を24等分に分け季節を表した言葉で、年によって日付が異なります。12月の大雪、冬至は本格的な冬を表しています。

大雪(たいせつ)2020年は12月7日

大雪は「雪が強く降る頃」という意味の言葉です。この頃になると寒気が日本列島の上空を覆い、日本海側の山沿いを中心に雪が降る日が増えていきます。11月の小雪(しょうせつ)は冬の始まりを表すのに対し、大雪は冬の深まりを感じられる季節といえます。

冬至(とうじ)2020年は12月21日

冬至は北半球において、一年で最も太陽の出ている時間が短く、夜が長くなる日です。冬至の日以降は日照時間が長くなっていくため、「太陽が生まれ変わる日」とも言われているようです。

冬至の風習について
・柚湯
冬至の風習の一つとして、「柚湯に入る」というものがあります。柚子の収穫時期は11月~12月で、江戸時代頃から冬至に柚湯に入り健康を願ったことが始まりと考えられます。また、別の説では柚子(ゆず)は「融通(ゆうずう)が利く」という語呂合わせから風呂屋が運気を上げるための儀式として始めたとも言われています。言葉遊びから始まったと考えるとおもしろいですね。

・かぼちゃ
かぼちゃは25℃~30℃の環境で育つ植物のため、本来の旬は夏です。夏野菜であるかぼちゃが、冬至に食べられるようになった理由は、その保存性の良さにあります。昔は現在よりも野菜の保存技術が発達しておらず、いつでも栄養豊富な野菜を食べることが難しい時代でした。かぼちゃは長期保存できる上にビタミン等の栄養を多く含んでおり、栄養が不足する冬至にかぼちゃを食べ厳しい冬を元気に乗り切ろうという考えから、冬至の定番の食べ物となったようです。

保育園でも冬至の日には、甘く煮たかぼちゃを給食に取り入れてみてはいかがでしょうか。

冬の七草
お正月明けに食べる「春の七草」は有名ですが、「冬の七草」があるのはご存知でしたか?
冬の七草
・かぼちゃ(なんきん)
・れんこん
・にんじん
・ぎんなん
・きんかん
・かんてん
・うどん

冬の七草は「ん」がつく食べ物が選ばれており、運をたくさん取り込むことができる食べ物と考えられています。

春の七草については下記の記事をチェックしてみてくださいね!

日本には昔から、1月7日の朝に「七草がゆ」を食べる風習があります。でも、なぜ七草がゆを食べるのか、七草がゆはどのようにして作るのか知っていますか?七草がゆの由来や作りかた、七草それぞれの名前や特徴を探っていきましょう。子どもたちに伝えたい、七草がゆ...

ジュニアシェフの日 12月8日

世間で大々的に取り上げられる記念日ではありませんが、ジュニアシェフの日という記念日があります。食育の一環として、子どもが食文化、作法、食材を学ぶことができるよう制定されました。保育園でも簡単なクッキングイベントを開催できれば、子どもたちも楽しく食について学ぶことができるのではないでしょうか。

クリスマス 12月25日

12月25日はイエスキリストの生誕を祝う日とされています。キリストがこの日に生まれたという確証はないと言われており、12月25日の冬至のお祭りと結びついてクリスマスが定着したと言われています。日本でクリスマスが浸透したのは、1900年代のデパートによるクリスマス商戦がきっかけのようです。

世界のクリスマス

ドイツ
ドイツでは、プレゼントを運んでくるのはサンタクロースではなくヴァイナハツマンと呼ばれる妖精です。良い子にはプレゼント、悪い子には鞭を贈ると言われています。ドイツの伝統的なクリスマス料理にシュトーレンというパンがあります。ドライフルーツ等が入っており、クリスマスまでの二週間で少しずつ食べていく習慣があります。

イタリア
イタリアではカトリックの文化が根強く、1月6日までクリスマスのお祝いが続きます。フランスやイタリアでは「ブッシュドノエル」という木の切り株を模したケーキが定番のようです。

イギリス
イギリスのクリスマスは家族で過ごすことが多いようです。イエスキリストの降臨を待ち望む期間を再現し、11月下旬からツリーを飾り、アドベントカレンダーを毎日開けていく習慣があるとのことです。

日本ではクリスマスケーキとチキンが定番ですが、世界中では様々なお祝い方法があります。外国でも工夫を凝らしたクリスマスの料理がたくさんありますので、保育園の給食にとりいれてみると面白いかもしれません。

クリスマスの制作アイデア
クリスマスに役立つ制作アイデアはこちらでまとめています。動画付きで解説しているものもありますので是非チェックしてみてくださいね。

クリスマスの出し物・ゲームアイデアはこちら!

 年に一度のクリスマスを子どもたちはとっても楽しみにしています。それだけに保育園のクリスマス会の担当者になると、どのようなプログラム内容にするか悩んでしまう保育士さんも多いのではないでしょうか。今回は、保育園のクリスマス会が盛り上がるような、...

大晦日 12月31日

大晦日は一年の最後を締めくくる日です。月の満ち欠けで暦を決めていた旧暦の文化では、30日を「晦日(みそか)」と呼んでいました。今でも30歳を「みそじ」、と呼ぶように、30はみそと呼んでいたようです。その後新暦に代わり、一か月が31日で終わる月も出てきたことにより月の最終日が晦日になり、一年の最後の晦日を「大晦日」と言うようになりました。

大晦日の行事

大晦日は新年を気持ちよく迎えるため、心身を清め準備をする日とされています。

除夜の鐘
大晦日の夜から元日にかけてお寺などで除夜の鐘を鳴らします。人間の煩悩の数を示す108回が鳴らされ、煩悩を取り除き正しく清らかな心で新年を迎えるために行われます。

年越しそば
年越しそばを食べる習慣は江戸時代に始まったようです。細く長い見た目から長寿、健康を祈願して習慣化しました。

まとめ

12月のイベント・行事の由来や雑学をご紹介しました。クリスマスや年末年始のイベントがあり、お子さんと一緒に楽しめる一か月になれば幸いです。12月はインフルエンザの流行が本格的に始まる時期でもありますので、保育士の皆さまは体調にも気を付けてくださいね。

今回ご紹介した記事は園だよりの作成にもご活用頂けます。行事を使った園だよりの例文作成はこちらの記事で詳しくご紹介しています。

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
タグ : 12月の保育特集 イベント・行事 イベントカレンダー クリスマス 壁面装飾
Pocket

The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!