保育士の転職に適した時期や転職方法、教えます!

2019.06.10保育士転職マニュアル

保育士の転職時期と転職方法
保育士として違う園への転職を考えている方であれば、転職に最適なタイミングが気になることでしょう。「今すぐ転職に踏み切ってもいいの?」「時期を選べば、もっと良い条件の転職先が見つかるかも…」などとお悩みの方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は保育士さんの転職に適した時期や、保育士さんが他園に転職する際の具体的な方法についてご紹介します。
いつ転職に踏み切るか迷っている方や転職をしたいけど方法が分からないなどお悩みの保育士さんはぜひご参考にしてください。

保育士の転職時期はいつがベスト?

保育士の転職時期ここでは、保育士さんが転職を実行する時期として最適なタイミングについてご紹介します。

求人が多い時期は12月~2月

保育園が保育士の求人を出す数が多くなる時期は、4月の年度替わりを控えた12月から2月にかけてと言われています。
年度末に退職を考えている保育士が保育園側へ退職の意向を伝えるのは、夏から秋ごろが一般的。そのため秋ごろから求人が増え始め、年末年始ごろにピークを迎えるのです。

ただし、12~2月の時期は求人の数が増えるため選択肢は豊富になりますが、その分求人の質を見極めながら転職活動をする必要が出てきます。
12~2月に保育士さんが転職を考える場合、「求人は多いので見つけやすいものの、その中から自分に合う好条件の求人を探す手間はかかるかもしれない」と考えておくと良いでしょう。

新規開園する園を狙うなら夏(6月以降)

来春新規開園する保育園への転職を考えているなら、夏ごろがおすすめです。
新しい保育園の来春に向けた採用活動が本格的に始まるのは7月~8月ごろ。新設園を選び、心機一転して保育士としてのキャリアを仕切り直したいとお考えであれば、早くて前年の6月ごろ、遅くとも8月までには求人をチェックしておくと良いでしょう。

転職したい気持ちが強いなら今すぐスタートが吉!

上記でご紹介したとおり求人が多くなるのは夏ごろですが、年度途中の求人ももちろんあります。あまり求人を探す時期にこだわり過ぎないことも大切です。

年度途中の求人は保育園側もできるだけ早く採用を進めたいと考えている場合も多いため、好待遇な求人を見つけられる可能性も高まるかもしれません。
「転職しよう!」と思い立ったら、まずは情報収集を開始し、計画を立てることからスタートすると良いでしょう。

保育士の転職にはどんな方法があるの?

保育士の転職方法「いざ転職したいと思っても、その方法がどれだけあるか分からない」「知っている方法以外に、もっとチャンスの広がる転職手段はないの?」とお悩みではありませんか?
ここでは、保育士さんが転職を考える際に有用になる転職方法を具体的にご紹介します。

1.友人・知人による紹介

友人や知人による紹介も、転職方法のひとつです。実際に「以前いた園で人手が足りないと言っているので、転職したいならどう?」と、同僚の保育士さんに転職話を持ちかけられたことのある方もいるでしょう。

採用が確約されている場合も多い点や、紹介元の方から転職先の様子について事前にくわしく聞ける点などは、紹介で転職するメリットです。
しかし逆に紹介してもらった手前、いざ別の良い求人が見つかったとき断りにくいなどのデメリットもあります。

2.ハローワーク

地域の園が数多く利用しているため、登録求人数も多いのがハローワーク(公共職業安定所)です。「通勤しやすい近所の園」や「パート・時短などの短時間勤務」など、条件を付けて転職先をお探しならハローワークの求人検索は強い味方になります。

ただし、ハローワークの求人票では「給与」や「勤務時間」などの条件は確認できますが、実際の職場の雰囲気や現場の仕事状況などを知ることはできません。
「給与が高いからと転職したら激務だった」「好立地で環境が良い園に転職できたが、人間関係が良くなかった」など、現場のくわしい状況が分からないというデメリットが転職後の働き方に影響する可能性はあるかもしれません。

3.一般求人サイト

一般的な求人情報サイトでも、保育士の求人は数多く見つかります。しかしハローワークの場合と同様、職場の様子などはくわしく分かりません。
また運営業者も保育士に特化した転職の知識は持っていないことが多く、基本的に自分の力だけで転職先を見極める必要が出てきます。

4.保育士専門転職サイト・エージェント

保育士専門の転職サイトやエージェントに登録し、求人を探してもらうという方法もあります。
この方法なら、さまざまな職場を見てきた担当者からくわしく話を聞けますし、ご自身の状況や希望条件に合った求人を見つけてもらえるでしょう。

良い転職先を見極めるポイント

良い転職先を見極める転職先について自分で調べて、自分に合っているかを判断することには限界があるでしょう。保育士さんは働き方も特殊なので、ハローワークや一般的な転職サイトで求人を探しても本当に良い職場であるかの見極めが難しくなることが多くなります。

良い転職先は、自分だけで見つけようと考えないことも得策です。
保育士に特化した求人サイトや転職エージェントに一部をお任せして、ご自身では見つけられない好条件の求人を探してもらうのも手でしょう。

まとめ

今回は、保育士が転職するのに適した時期や、おすすめの転職方法についてご紹介しました。

「転職したい!」と思ったら、ご自身で求人を探しつつ保育士専門の転職サイト・エージェントへの登録を並行して行うのがおすすめです。自分ではなかなか調べられない職場の様子やご自身の適性から、プロの目で最適な転職先を判断してもらえるでしょう。

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!