【2019年】雑学や由来が丸わかり!4月の行事・イベントカレンダー

2019.03.20保育お役立ち情報

季節が変わるごとにやってくる、行事計画や製作物作り。どんなものにするかをイチから考えて、作って、という作業を日々の業務の合間に行うのは大変ですよね。ほかのクラスと似かよってしまった、ついついワンパターンになってしまう…。そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

新年度が始まる4月。にぎやかな春を楽しむイースターや、ゴールデンウィークのはじまりを告げる昭和の日など、季節のレクリエーションや新しく出会った人たちとの会話のきっかけにも活用したい、行事やイベントの豆知識をご紹介します。

エイプリルフール/4月1日

エイプリルフールは言わずと知れた嘘をついてもいい日。普段から嘘ばかりでは困ってしまいますが、この日だけは世界中で、ユーモアいっぱいの嘘が楽しまれています。日本でも、近年はSNSを中心に自治体や企業なども参加した嘘が並び、その面白さを競い合っています。

エイプリルフールの由来

由来についてはさまざまな説があります。最も有力だとされているのは、1564年にフランスで起きた出来事。それまでフランスのこよみでは、4月1日に新年のはじまりを祝う祭が開催されていました。しかし、当時の国王シャルル9世が新年を1月1日とするグレゴリオ暦を採用したことにより、反対派の人々が改暦への皮肉を込めて4月1日に「嘘の新年」を祝って大騒ぎをしたり、まったく役に立たないプレゼント(嘘の贈り物)を贈ったりしていたそう。その風習が翌年以降も続けられ、エイプリルフールの起源になったと言われています。日本には大正時代に伝わったそうです。

エイプリルフールにルールはあるの?

大前提は「人を傷つけたりするものではなく、楽しい嘘であること」。これはエイプリルフールを楽しむために必ず守りたいことです。イギリスやオーストラリアなど海外の一部では、「嘘をつくのは午前中だけ」というルールがある国も。このルールは日本でも知られはじめています。

海外のエイプリルフール

世界で楽しまれているエイプリルフールですが、中でも毎年注目を集めるのがイギリスの国営放送・BBCの嘘番組。古くは1957年の「スパゲッティを木から収穫」、2008年の「空飛ぶペンギン」、2010年の「時計台ビッグベンのデジタル化」など、本格ドキュメンタリーさながらの番組を制作し、毎年問合せが殺到しているそうです。

 春の全国交通安全運動/4月中旬ごろ(2019年は5月11日~20日)

毎年、春と秋に全国で行われる「全国交通安全運動」。ひとり一人が交通ルールを守り、思いやり・ゆずり合いの気持ちを持って交通マナーを実践する、交通事故防止を呼び掛ける期間です。

春の全国交通安全運動のはじまり

1948年、現在の警察庁や都道府県警がはじめた活動です。その後、自動車の普及などで交通事故が増え、1962年からは内閣府や各省庁をはじめとする政府主催で行われるようになりました。以前は「交通安全週間」と呼ばれていましたが、現在は「全国交通安全運動」が正式名称となります。

なぜ春に行うの?

小学校に入学したばかりの新1年生や、暖かくなって外で遊ぶ子どもたちなど、子どもが巻き込まれる交通事故などが増える時期。それをうけて、いつもよりもさらに注意を促すため、春に運動期間を設けています。

イースター/春分の日以降の最初の満月の次の日曜日

近年日本でも注目されている春のイベント、イースター。「復活祭」ともいい、イースターエッグやエッグハントなど、子どもから大人まで楽しめるイベントです。

イースターの由来などは、『なぜ卵?なぜうさぎ?最近話題の気になるイベント「イースター」の内容と楽しみ方』をご覧ください。

モアイ像で有名なイースター島との関係は?

チリにあるモアイ像で有名な島の名前も「イースター島」と言います。実は島の名前も復活祭のイースターからとったもの。1722年、オランダ海軍の提督がこの島を発見したのが復活祭の日であったことから、その名前で呼ばれるようになりました。その当時、すでに1,000体を超えるモアイ像が造られていたそうです。

世界で発見!イースターグルメ

海外ではクリスマスに七面鳥を食べたりするように、イースターの日に食べる料理があります。例えば、イギリス発祥の「ホットクロスパン」。レーズンやスパイスを練り込んだ生地で、表面には白い十字の模様が付いています。今では年中買うことができるそうですが、イースターの2日目に食べる風習も残っています。

また、ドライフルーツやシロップ漬けフルーツがたっぷり入った「シムネルケーキ」も、ヨーロッパで人気。キリストを裏切ったとされるユダを除く11人の使徒を表した、11個のお団子を飾ったかわいいスイーツです。

 昭和の日/4月29日

ゴールデンウィークのはじまりとなることも多い昭和の日。憲法によって「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧(かえり)み、国の将来に思いをいたす」日として定められている国民の休日です。

昭和の日の由来

昭和天皇の誕生日であったことから、昭和の日となりました。実は、これまでに名称などが3回も変更になっています。最初は昭和天皇が即位されていたころ、「天皇誕生日」という祝日でした。その後、1989年に昭和天皇が亡くなられた後は「みどりの日」という祝日になります。さらに2005年の法改正によって「昭和の日」と改められ、みどりの日は5月4日に移動しています。

なぜ天皇の誕生日が祝日に?

今上(きんじょう)天皇の誕生日は、「天皇誕生日」として祝日になることは1948年に施行された法律で定められています。この起源は755年、光仁(こうにん)天皇の誕生日を祝ったことがはじまりとされ、「天長節(てんちょうせつ)」とも呼ばれています。

 4月の二十四節気(にじゅうしせっき)

昼が最も長くなる「夏至(げし)」と、夜がもっとも長くなる「冬至(とうじ)」を軸に、太陽の動きを元にして生まれた季節の言葉が、二十四節気です。ひと月に2回訪れる二十四節気でも、四季の移ろいを感じてみましょう。

清明[せいめい]/4月5日ごろ

空気が澄んでいて太陽の光が明るく、すべてが鮮やかに見えるという意味の「清浄明潔(しょうじょうめいけつ)」を略した言葉です。花が咲き誇り、新芽の美しい春を表しています。

穀雨[こくう]/4月20日ごろ

やさしい春の雨が降り、穀物を育てる田んぼや畑の準備が整うころです。この時季にまいた種は、よく育つと伝えられています。

まとめ

春はなんだか心もウキウキする季節です。今回ご紹介した豆知識を参考に、レクリエーションを考えたり、会話を弾ませたりしてもっともっと春を楽しくお過ごしください!

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
タグ : イベント・行事 イベントカレンダー
The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!