看護師さんのワークライフバランスを実現する取り組みと職場探しのポイント

公開日: 更新日: 看護師の働き方・環境

ワークライフバランスとは?

ワークライフバランスとは「仕事と生活の調和」という意味で、やりがいや達成感を持ちながら仕事を行うとともに、プライベートを充実させることで仕事と私生活両方に良い効果がでるという考えです。プライベートだけを充実させる、または仕事だけがうまくいっているなどどちらかを疎かにするのではなく両方のバランスがとれていることが理想とされています。

なぜワークライフバランスが注目されているの?

日本でワークライフバランスが意識されるようになったのは1990年以降のようです。少子高齢化、男女雇用機会均等法の考え方が広まり、「働く」ことへの価値観が多様化してきたのがきっかけと言われています。働き方改革で長時間労働が見直されるようになるなど、近年は行政による対策も進んできています。

看護師さんのワークライフバランスの悩み

看護師さんの労働環境や課題点はどのようなものがあるのでしょうか。

労働時間の限界

夜勤のある職場で働く方は拘束時間が長く、家事や育児に時間を割けないケースもあるようです。結婚や出産を機に、看護の現場から離職する方や非常勤に切り替える方が多くいらっしゃいます。これが看護師さんのキャリア形成の妨げになり「仕事の充実感」が得られない要因の一つとなります。

私生活の時間が取れない

夜勤と日勤を繰り返す不規則なシフトで家族や友人との時間が取れない悩みもあります。また、看護業界は看護師不足が課題となっており、休みが取りづらい職場も少なくないようです。

ライフステージの変化に伴った働き方が難しい

看護師さんの場合、結婚・妊娠におけるライフステージの変化に合わせた働き方が難しい職場もあり、働きたくても退職せざるを得ない方もいます。例えば正社員は夜勤シフト必須となっている職場で働いている方で、子育てのために日勤のみで働きたい方はパート勤務に切り替えるか日勤のみの職場に転職する場合が多いようです。この状況も看護師不足が解消されない要因の一つとされ、働き方の見直しに注目が集まってきています。

ワークライフバランスの実現に向けた取り組み

看護師さんの確保と働き方の見直しのために、実際に病院や施設で実施されている取り組みをご紹介します。

働き方の改善

時間外労働を少なくするため機械化・効率化を進める医療施設が増えています。また、リフレッシュ休暇制度を導入し看護師さんが休みやすくする環境作りも進められています。

多様な勤務形態を用意する

育児や家族の介護など、様々な理由でフルタイム勤務ができない看護師さんのために時短勤務制度を導入する、勤務日数が選択できるようにする取り組みが増えています。また、ライフステージに合わせて柔軟な働き方を可能にするため、雇用形態や勤務形態の変更を容易にしている職場もあります。

夜勤・交代制勤務の改善

病棟など夜勤のある職場で働く方にとって夜勤や交代制勤務は負担が大きいものになっています。夜勤の負担を軽減するため、一か月の夜勤回数を制限する、連続で夜勤が発生しないようにするなど各職場で工夫がされています。

子育て支援の実施

仕事面だけでなく子育て世代の看護師さんを支援する動きもあります。院内に保育所を設け、子どもと一緒に出勤・退勤ができる環境作りに取り組む施設が増えています。

復職支援の実施

結婚・出産を機に退職した方が復帰しやすい環境を作ることも重要視されています。ブランクがあり「最新の医療についていけるか心配」「手技のレベルが落ちているかもしれない」と不安に感じる方を対象に、都道府県に設置されているナースセンターで復職セミナーや実技講習が行われています。また、近年は病院で独自に研修制度を用意しているところも増えています。

ワークライフバランスを実現するにはどうすればいい?

空を見上げる女性看護師自治体や病院が行っている対策を紹介しましたが、看護師さん自身でワークライフバランス実現のためにできることもいくつかあります。

職場環境を改善する

職場環境について声を上げられる勤務先であれば、現状や改善点について上司に報告することから始めてみてはいかがでしょうか。ご自身が管理職に就いている場合は、管理職として改善に向けて動いてみるのも良いでしょう。

働きやすい環境へ転職する

現在の職場で改善が見込まれないのであれば思い切って転職することも一つの方法といえます。ご自身がプライベートと両立しつつ仕事を続けていけるような職場がないか、求人チェックから始めてみることをおすすめします。

ワークライフバランスを実現する求人探しのポイント

カルテを持った女性看護師ワークライフバランスが実現できる求人はどのように探せばよいのでしょうか。

理想のワークライフバランスを明確にする

理想の働き方を考えてみることで、自分が譲れない条件を明確にすることができます。「休暇がほしい」「残業をなくしたい」「夜勤のない職場で働きたい」など、ご自身にとってどのような働き方であればワークライフバランスが実現できるか整理してみましょう。

情報収集する

仕事と生活のバランスを保って働くためには職場の方針や体制を理解して応募することが大切です。職場の福利厚生や年間休日、夜勤回数など詳細にチェックしましょう。

転職エージェントを利用する

求人票に記載されている条件を一つ一つチェックしていくのは時間がかかってしまうため、本当にご自身に合った求人を探し出せない場合もあります。施設の体制や職場環境、福利厚生に詳しい転職エージェントに相談することで、条件に合った求人をピックアップして紹介してもらうことが可能です。

看護専門の転職エージェント「キララサポート」なら、病院・施設の忙しさや職員の働き方までしっかり把握した担当者が在籍しています。転職してどのようなキャリアを築いていきたいか等、お仕事に対する想いをお聞かせください!

まとめ

看護師さんのワークライフバランスについてご紹介しました。長く看護師さんとして活躍し続けるためにも、ワークライフバランスの実現は大切です。転職して働き方を変える際は、
自分の譲れないポイントや自分に合った求人を見つけることを意識してみてくださいね。

 

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!