小児科看護師になるには?仕事内容や必要なスキル・資格について

公開日: 更新日: 看護 , 看護お役立ち情報 , 看護の仕事 , 看護師の働き方・環境

看護師さんが勤務する診療科目の一つに「小児科」があります。子どもの疾患に関して知識を深めたい方や、子育てを経験した方の中には小児科看護師を希望されている看護師さんも多いのではないでしょうか。今回のコラムでは、小児科看護師について仕事内容や必要なスキルを解説しています。転職先として興味のある方は是非ご覧ください。

小児科看護師の役割とは?

小児科では新生児~15歳の子どもが対象となる診療科目です。職場によっては15歳以上の患者さんを診察するケースもありますが、いずれも子どもの疾患に関する治療を行っています。小児科看護師の役割は医師の診察介助、患者さんである子どものケア、家族のメンタルサポートなどがあげられます。

小児科看護師の仕事内容

小児科看護師の具体的な仕事内容をご紹介します。

医師の補助

他の診療科同様、問診や治療の際の医師の補助を行います。子どもの場合、嫌がる子や暴れる子がいるためスムーズに進まない場合もあるため、気持ちを落ち着かせるための声かけや対応も看護師が行います。

プレパレーション

プレパレーションとは、検査や処置の内容や意味、方法などを事前に保護者と子ども本人に説明することです。絵や人形を使って子どもにも分かりやすく説明するケースが多いようです。小さな子どもの場合、自分がどうして病院にいるのか、なぜ治療を受けなくてはならないか理解できないことがあります。そういった状況から精神的に不安定になる子どものために、少しでも安心して治療に取り組むことができるようプレパレーションが実施されています。また、子どもが「次の治療も頑張ろう」と思えるよう、治療後に「頑張ったね」などの声かけを行うことも看護師の重要な役割です。

子どものケア

子どものバイタル確認、点滴、採血など基本的な看護業務の他、おむつ交換や夜泣き対応といった身の回りのお世話も看護師の業務の一部です。病院によっては子どもと遊ぶ時間やレクリエーションの時間を設けている場合もあります。

家族のケア

子どもの治療に対して不安になる家族は多く、家族のメンタルサポートも重要な業務です。コミュニケーションを密に取り、小さな質問にも真摯に対応することで子どもと家族両方の不安を和らげることができます。

小児科看護師の主な職場は?

小児科看護師の主な活躍の場をご紹介します。

小児病棟

総合病院、大学病院などの大規模な病院に設置されています。様々な症状の小児患者が入院しており、重度の疾患も取り扱っている場合がほとんどです。

小児科クリニック

子どもの診療を専門としているクリニックです。病院とは異なり、夜勤がないためライフワークバランスがとりやすい傾向にあります。冬はインフルエンザや風邪の診察が多くなり、繁忙期となるクリニックが多いようです。

PICU(小児集中治療室)

全身機能の状態が不安定な新生児以降の子どものケアと治療を行います。日本国内の施設数が少ないため、遠方から入院する子どもも少なくないようです。

NICU(新生児特定集中治療室)

早産児や低出生体重児、疾患のある新生児を管理・治療する集中治療室です。小児病棟以上に急変しやすいため、24時間体制でバイタルチェック、治療を行います。

GCU(継続保育室、回復治療室、発育支援室)

NICUに入っていた子どもの状態が安定してきた場合にGCUに移動します。医療行為だけでなく、家族に対して赤ちゃんのお世話、授乳や沐浴等の指導も行います。子どもの状態によっては最初からGCUに入る場合もあります。

小児科看護師として働くメリット

小児科看護師として働くメリットをご紹介します。

小児科疾患の知識やスキルが身につく

症状毎に診療科目が分かれているのが一般的ですが、小児科は様々な疾患の子どもを対応しています。それぞれの疾患に関する知識が必要なため、大変なことも多いですが幅広い知識を身に付けることができます。また、専門性の高い科目のためスキルアップにも繋がります。

子ども達との思い出ができる

小児科では、子ども達の安心や娯楽のために七夕やクリスマスといった季節ごとのイベントを取り入れている病院が多い傾向にあります。子ども達と一緒に季節のイベントを楽しみながら、関係を築いていくことができます。

子どもの回復や成長を見守ることができる

担当していた子どもが回復し、退院していく姿を見るとモチベーションアップに繋がる方が多いようです。また、保護者とともに子どもの成長を見届けることができるため、他の診療科では得られないやりがいがあるといえます。

小児科看護師の大変なところ

メリットがある一方で、小児科勤務ならではの下記のような大変さもあるようです。

成人した大人に関する疾患の知識・スキルは身につかない

小児科分野の専門性は身に付くものの、成人看護(成人した大人に対する看護)に関する経験はできない点は注意したいポイントです。もし将来的に他の科目へ転職する可能性がある場合は、成人看護に関する勉強を一からしなければならないため、不安に感じる方もいるかもしれません。

子どもが苦しんでいる姿を見るのが辛い

小児科に携わる以上、子どもが苦しんでいる姿も見ることになります。また、必ずしも全ての子どもが元気に回復していくとは限らないため、辛い気持ちを乗り越えて業務に当たらなければならない点は事前に知っておきたいポイントです。

小児科看護師になるには?

小児科看護師になるにはどのような資格が必要なのでしょうか。

看護免許を取得する

小児科看護師になるために必要な資格は看護師資格のみです。資格取得がまだの方は、まずは資格を取ることから目指してみましょう。免許取得後、小児科のある病院へ応募し、選考に通れば小児科看護師になれます。

小児科看護師への転職は可能?

小児科への転職は資格さえあれば可能です。ただし、少子高齢化の影響により小児科の求人は減少傾向にあると言われており、常に求人があるわけではないようです。求人が出た際にすぐに応募できるよう、準備をしておくとよいでしょう。

看護専門の転職支援サービス「キララサポート」に登録しておくことで、小児科の求人が出た際に情報をもらうことができます。非公開求人もあるため、一人での情報収集よりも好条件な求人に出会うことができるかもしれません。

無料で相談してみる

未経験者でも小児科看護師になれる?

小児科は専門性の高い職場であるため経験者の方が優遇される傾向にあります。未経験で目指す場合は小児科看護に関する資格などを身に付けておくと有利になるかもしれません。

小児科看護師でスキルアップする方法

小児科看護師のスキルアップに繋がる方法をご紹介します。

資格を取得する

小児科看護師としての専門性を高めたい場合は下記のような資格取得がおすすめです。

・小児看護専門看護師
・小児救急看護認定看護師
・新生児集中ケア認定看護師

小児科看護師に向いている人はどんな人?

小児科看護師はどのような人が向いているのでしょうか。

子どもが好きな人

小児科看護師として活躍するには子どもが好き、寄り添いたいと思える気持ちが必要です。

体力・忍耐力がある人

子どもの場合、一つの処置を行うだけでも大人より時間がかかってしまいます。注射や検査を嫌がる、暴れる、駄々をこねるなど、スムーズに実施させてくれない子どもを相手にするのが小児科の仕事です。忍耐力を持って、柔軟に対応できる方が向いています。また、夜勤の際は夜泣き対応も行うため、体力は必要不可欠といえるでしょう。

コミュニケーションスキルがある人

小児科看護師にとって、子どもとのコミュニケーションは重要です。子どもと目線を合わせ、安心させられるように接することができると良いでしょう。また、子どもだけでなく子どもの家族とも連携していかなければならないため、子どもと大人両方と円滑に意思疎通できるスキルが必要となります。

観察力がある人

子どもは急変しやすい上、自分の症状をうまく伝えることが苦手です。少しの変化に気づいてすぐに報告・対応できるスキルを持つことが大切です。

小児科看護師の求人を探すなら「キララサポート」!

小児科看護師の求人は常にあるわけではないため、募集が出た際にすぐに応募できる準備をしておくことが大切です。とはいえ、常に求人サイトをチェックすることは大変ですので、最新情報を都度共有してくれる転職エージェントに登録しておくと良いでしょう。看護専門の転職支援サービス「キララサポート」では、求人のご案内以外にも履歴書や職務経歴書の書き方や面接のアドバイスを行っています。うまく利用することで、小児科求人への内定を取るための強い味方になります!サービスは全て無料で利用できるため、お気軽にご登録ください。

無料で相談してみる

まとめ

小児科看護師について、仕事内容や向いている方の特徴などをご紹介しました。幅広い疾患に対する知識が必要で、大変なことも多いのが小児科看護師の仕事ですが、専門性が高くスキルアップに繋がる経験ができる職業でもあります。子どもが好きな方や、子どもの治療に携わりたいとお考えの方は、是非小児科での勤務を検討してみてはいかがでしょうか。

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
タグ : 看護の資格
このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!