役職に就きたい看護師必見!昇進・昇格の条件や看護師の役職について解説

公開日: 更新日: 看護の仕事

看護の現場でキャリアを重ねるうちに、視野に入ってくるものが「管理職」を目指すことです。

管理職には看護業務だけではなく、看護師を取りまとめるマネジメント力など、一般企業の役職にも通じるスキルも求められます。もちろん現場での豊富な経験値も大切で、年数を重ねれば誰もがなれるというわけではありません。

この記事では、役職に就きたい・出世したいと考えている看護師の方向けに、昇進・昇格の条件や看護師の役職などについてご説明します。

看護師の役職とは

笑顔の女性看護師管理職の仕事は、看護業務と併せて、看護師が所属する組織「看護部」を円滑に運営するための管理業務を行うことです。役職ごとに看護体制を管理することで、質の高い医療の提供をサポートしています。

看護師の主な役職には、「看護主任」「看護師長」「看護部長」などがあります。看護師の人数が多い大規模な医療施設ほど、組織を取りまとめるポジションが必要となり、これらの役職が設置されています。それぞれの役職について見ていきましょう。

看護主任の役割と手当

現場の看護師と看護師長の橋渡しをする、中間管理職の役割です。現場に近いポジションであるため、直接的なサポートも多く行います。

【主な仕事内容】

  • 看護業務の把握、職場環境の改善

患者や看護師、スタッフらの状況を把握し、看護の質向上を図る。

  • 看護師の指導、相談

看護師それぞれのキャリアに合わせて指導、ケアしていく。

看護主任の管理職手当は1万円ほどの場合が多いようです。中には、役職に就くことで夜勤が減り、病院によっては手当がないところもあるため、昇進前よりも給料がダウンする可能性もあります。しかし、キャリアアップを目指す方にとって、最初の足掛かりとなる大切な役職といえるでしょう。

看護師長の役割と手当

看護主任と看護部長との間に立つ中間管理職で、看護師を統括する立場です。裁量が広がる分、より責任のあるポジションとなります。

【主な仕事内容】

  • 病棟全体の看護師やスタッフを統括

より総合的な視点でマネジメント。病棟全体の看護の質向上を目指す。

  • 他部署の管理職と連携し、病院の運営にも関わる

各科と連携し、組織の運営方針の情報共有を図る。

看護師長の管理職手当はおおよそ2~5万円ほどですが、この役職を務める頃にはキャリアを重ね、ベースとなる基本給がアップしていることが多いようです。

看護部長の役割と手当

看護師のトップにあたるポジションであり、経営側の立場です。この役職に就くのは各病院に1人である場合が多く、ハードルが高い役職だといえるでしょう。看護業務に携わることは少なく、病院の運営・管理業務がメインです。人事や研修にも関わり、マネジメント力や交渉力、情報収集力など高いスキルが求められます。

【主な仕事内容】

  • 看護部の業務計画

部の代表として、経営面を考慮しながら各病棟の業務計画を立てる。

病院の施設運営にも参画。

  • 運営側、他の医療従事者との調整

看護師やスタッフら現場側と運営側の調整役となる。

管理職手当は大きく増えて平均8万円前後になり、基本給も増加傾向にあります。

看護師として役職を任されにくい要因

看護師の役職を任される人は、「リーダーシップ」「マネジメント力」「コミュニケーション力」という3つの能力を備えています。逆にいうと、これらの能力が不足している人は、現場の仕事をこなせたとしても、役職は任されにくいかもしれません。

看護師は患者をはじめ、患者の家族や同僚、スタッフ、医師ら多くの人たちと接する仕事です。それだけに、昇進・昇格をするには看護業務の質だけではなく、人を束ねる能力も必要といえるでしょう。

役職に就ける看護師の特徴

遠くを見つめる女性看護師続いて、役職に就ける看護師の特徴をご紹介します。

忍耐力がある

看護師は夜勤など体力的にハードな上に、人の生死に接する仕事のため、タフな精神力も求められます。患者の中には、ストレスから厳しい言葉を投げつける人もいるかもしれません。

医療現場ではこのように精神的に辛い場面が多いため、どんな時でも不平不満を表に出さず働く、忍耐力のある看護師は評価が高い傾向にあります。

役職に就くには「キャリア」が必要なので、忍耐強く同じ病院に「長く勤め続けること」で、役職への道が開かれる可能性は高くなるでしょう。

聞き上手

どの職場においても、自分1人の力で役職に就くことは難しいものです。役職は上司の推薦または了解があって初めて就くことができるため、周囲と友好な関係を築いておくに越したことはありません。

その際、聞き上手であることは好評価のポイントとなります。人の話をよく聞き、コミュニケーションをしっかり取りながら業務を進めることで、信頼関係を築きやすくなり、周囲からの評価も上がるでしょう。

管理職は、人をまとめる仕事でもあります。看護師の相談に乗ることもありますし、時には自分よりも年上の看護師を指導する機会も出てくるかもしれません。その際に、協調性や高いコミュニケーション力は大きな武器になります。

筋の通った考えと行動

看護の仕事に対してぶれない指針を持ち、行動力をともなっている人は信頼され、役職に就く可能性が高まります。目標を持って真摯に仕事に打ち込む姿は、人を動かしていくものです。また、「論理的な思考」を持つことも大事です。必要な物事を的確に伝えられると、言葉に説得力も増していきます。

キャリアの浅いうちから、コストを意識した経営的な視点で働けば、後々の評価につながります。例えば、備品を無駄にしないことは、コスト面に加えて環境面においても大切です。このように自分なりの筋の通った考えと、行動ができている人は、役職に就きやすいといえるでしょう。

役職を任されにくい看護師の特徴

カルテに記入する看護師仕事を始めた当初は、自分のことだけに精一杯なのは仕方ありません。しかし、キャリアを重ねても多角的に物事を見られないままだと、役職への道は遠いでしょう。具体的に、役職を任されにくい看護師の特徴は以下のとおりです。

自己中心的

自分の非を認めず、愚痴や言い訳が多く、ミスを他人のせいにするような人はどの職場においても役職に就くのは難しいでしょう。

ネガティブな言葉は、職場の雰囲気にも影響します。まして同僚の悪口などを言っている場合は、大きく信頼をなくしてしまいます。看護師として業務をこなせていても、相手の立場になって物事を考えられなければ、人の上に立つ役職には就けないでしょう。

不健康な生活

患者の命に関わる仕事である看護師にとって、自分自身が「健康であること」は重要なポイント。患者だけではなく、他の看護師やスタッフの健康に留意しながら、職場環境を整えるのが管理職の仕事です。当の本人が不健康では説得力もなく、周囲からの信頼も得られないため、役職に就きづらいといえます。

看護師として役職に就くために必要な条件や方法

人差し指を指す女性看護師役職に就くには、どのような条件や方法があるのかを説明していきます。

看護師としての経験年数

看護師としての経験の目安は、以下のとおりです。

  • 看護主任 10年以上の臨床経験
  • 看護師長 10年~20年の臨床+管理職経験
  • 看護部長 30年以上の臨床+管理職経験

一般的に、看護主任は30代・看護師長は40代、看護部長は50代で就く場合が多いようです。

必要な資格を有すること

病院によっては、日本看護協会の資格「認定看護管理者」が必要な場合もあります。

認定看護管理者の資格を取得するには、看護師として通算5年以上の実務経験がある上で、以下のいずれかをクリアし、認定審査を通過することが必要です。

  • 認定看護管理者教育課程180時間履修
  • 看護系大学院で看護管理を専攻
  • 3年以上看護師長以上の役職に就き、看護管理分野で修士号取得
  • 3年以上看護師長以上の役職に就き、管理に関する学問分野で修士号取得

それでも役職を任されにくい場合は転職も検討しましょう!

職場で働く女性看護師役職を任される要因には、周囲の環境も関係しています。ここまでご紹介した、役職に就きやすい看護師の特徴に該当しているにも関わらず、役職を任せられずに年数を経ている場合は、環境を変えてみるのもひとつの方法です。

看護師向けの転職サイトには、管理職の求人もあります。

東京都の管理職求人はこちら
神奈川の管理職求人はこちら
埼玉の管理職求人はこちら
千葉の管理職求人はこちら

看護職の実態を把握した担当者が条件交渉などをしてくれる場合も多いので、まずは無料登録から始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

管理職になると現場からの業務からは距離を置き、スタッフの教育・指導、職場環境の改善、経営状況の改善など、さまざまな面で業務に取り組むことになります、

責任ある立場になる分、給与面などでは好待遇になる傾向にありますが、誰しもが管理職になれるわけではありません。今回ご紹介した看護師の特徴が、参考になれば幸いです。

なお、管理職を目指す場合、転職して新たな環境に飛び込んでみることで道が開けることもあります。キララサポートでは、管理職を含む看護師の求人数が多数で、仕事探しから職に就いたあとのサポートまで手厚く行い、多くの利用者から高い満足度を得ています。気になる方は、ぜひ活用してみてください。

無料で相談してみる

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!