ブランクありの看護師さん必見!潜在看護師が復職するための事前準備とおすすめの施設

2020.10.26看護 , 看護師の働き方・環境
Pocket

現在看護の職場から離れている方の中には、「また看護師として復職したい」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。仕事を離れているブランク期間が長ければ長いほど、復職に対しての不安が大きく感じるかもしれません。本コラムでは、ブランクのある看護師の方が、看護師として復帰するためにすべき準備や、復職にオススメの職場をご紹介します。

潜在看護師とは

潜在看護師とは、看護師資格を保有しているものの、現在は看護の仕事を離れている方のことを指します。厚生労働省発表の資料(※1)によると、潜在看護師は約71万人いるとのことです。

退職経験のある看護師の退職理由

厚生労働省の同資料によると、看護師の退職理由で最も多いものは「出産・育児のため」、次いで「結婚のため」「他施設への興味」という結果となっています。また、現在就業していない看護師が直近まで勤務していた職場を辞めた理由も「妊娠・出産」が最も多い退職理由でした。看護師の仕事を続けたいと思いながらも、育児や家庭との両立が難しいことを理由にやむを得ず退職する方が多いようです。

潜在看護師が復職するための事前準備

ブランクが長く復職が心配な方は、少しでも不安を軽減できるよう事前に準備しておくことをおすすめします。

①看護知識や技術の復習・更新

看護師として復職する際に不安に感じることの一つが、看護スキルや手技を忘れてしまっていないか、ということではないでしょうか。少しでも不安を減らして看護師として再就職するために、スキルや医療に関する知識を復習・更新しておくことが大切です。看護師不足の解消のために、国や病院でも潜在看護師のためのセミナーや講習会を実施しているようです。例えば看護協会では、都道府県ごとに最新医療の基礎知識や技術が学べるセミナーのほか、模型・医療機器を使用した実習、個別相談を行っています。

②離職届を提出し再就職情報を受ける

2015年の「看護師等の人材確保の促進に関する法律」の改正により、看護師は離職時に「離職届」を提出することが努力義務化されました。離職時に勤務していた病院が本人に代行して手続きを行う方法と、本人が直接ナースセンターに離職届を提出する方法があります。
離職届は現在看護職に就いていない方が対象となるため、退職してから期間が空いていたとしても届け出の提出対象となります。
離職届を提出することで、看護技術の講習や復職支援セミナーの受講など、復職に向けたサポートを受けることができるようです。

医療の電子化に要注意

10年以上ブランクがある方は、医療の知識や看護スキルだけでなく、業務の進め方や情報の取り扱いなども変化している場合があるため、注意しておきましょう。特に、カルテの記入は電子化が進んでいるため手書きカルテの経験しかない方は入職後苦労するかもしれません。

復職の際はブランクのある看護師の理解のある職場や、研修制度のある職場を選ぶと安心です。具体的には転職エージェントや求人サイトで「ブランクがあってもOK」や、「研修制度が充実している」と記載されていることをおすすめします。詳しい求人情報はこちらからチェックしてみてくださいね。

潜在看護師が復職する際のポイント

家族の理解を得る


出産や育児を理由に仕事を離れた看護師の方が復職する際は、「家族の理解が得られるか」「家庭と両立できるか」が大切です。復職に向けた準備を始める際は、家族と話し合っておくと良いでしょう。

まずは時短・パートで勤務する

いきなりフルタイム・2交代で勤務すると家事との両立が難しく、体調を崩してしまうかもしれません。まずは時短勤務やパート・アルバイトとして働き、生活リズムを守りながら看護師としての業務に慣れることから始めましょう。また、フルタイム常勤でも日勤のみ、残業少なめの働き方が叶う職場もあります。おすすめの職場に就いては次の見出しでご紹介します。

潜在看護師の復職におすすめの施設

潜在看護師が復職するにあたって勤務しやすい施設例をご紹介します。常勤でも夜勤がなく、日勤のみで勤務できる職場を中心にまとめました。あくまで一例ですので、下記以外にも働きやすい職場はございます。

・クリニックや診療所
・慢性期病棟
・健診センター
・介護施設のデイサービス
・保育園

保育園やクリニック、健診センターは日曜休みのところが多く、休日を固定して勤務することが可能な職場が多いようです。また、残業が少なめかつ時間固定の求人が多く、子育てや家事と両立したい方におすすめです。
看護師の働き方はこちらの記事でも詳しく解説しています。また、看護師の職場の選び方は下記記事をチェックしてみてくださいね。夜勤のあり/なしや土日休み/シフト制などもまとめています!

高齢化社会が進む現代において、看護師の活躍の場は多岐に渡ります。現在病院・病棟で勤務している方も、これまでの経験を生かし全く新しい職場で勤務することが可能です。転職の可能性を広げるためにも、病院以外の看護師の勤務先を知っておくと良いでしょう。今回...

まとめ

潜在看護師の方が復職する際にすべき準備や職場の選び方をご紹介しています。一度離れた看護師の仕事に復帰することは不安も多く、悩む方も多いかもしれませんが、病院や公的機関のサポートを受けることで知識やスキルの復習がしやすくなります。まずはこのようなサポートの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

看護の転職支援に特化したキララサポートなら、潜在看護師の皆様の復職をお手伝いしています。ブランクのある看護師に理解のある求人のご紹介や、面接、入職のサポートはお任せください!

無料で相談してみる

参考(キラライク以外のサイトへ移動します):
※1
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000072895.pdf

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
タグ : ライフイベント 夜勤
Pocket

The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!