保育園で働く看護師とは?仕事内容と役割

2020.10.19看護 , 看護師の働き方・環境
Pocket

看護師の勤務先は病院以外にも多くあり、保育園がその一つです。看護師資格があれば保育士資格がなくても勤務が可能です。子どもたちの安全確保や健康維持のため、看護師の配置基準も設けられており、年々保育園での看護師需要が高まっています。今回のコラムでは、保育園勤務の看護師の仕事内容や、保育園の魅力・注意点、給与などをご紹介します。

看護師の配置基準について

保育園の規模を問わず、私立保育園には看護師1名の常駐が義務付けられています。また、私立保育園以外の保育施設においても、「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準(※1)」では下記のような看護師の配置基準が設けられています。

看護師は、保育士(国家戦略特別区域法(平成二十五年法律第百七号。以下「特区法」という。)第十二条の五第五項に規定する事業実施区域内にある乳児院にあつては、保育士又は当該事業実施区域に係る国家戦略特別区域限定保育士。次項及び次条第二項において同じ。)又は児童指導員(児童の生活指導を行う者をいう。以下同じ。)をもつてこれに代えることができる。ただし、乳幼児十人の乳児院には二人以上、乳幼児が十人を超える場合は、おおむね十人増すごとに一人以上看護師を置かなければならない。

つまり、乳幼児が10人以上入所している場合、看護師の配置が1名必要となります。この基準を満たすため、保育園でも積極的に看護師が募集されています。また、同じく「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」では、乳児が4人以上入所している保育所は看護師や保健師も1名までは保育士としてカウントして良いこととなっています。

保育園看護師について

保育園の看護師の業務内容は園児の健康管理に関するものがメインです。具体的な業務は以下のような仕事が挙げられます。

園児の健康管理

一般的に、1つの園に常駐する看護師は1名であることが多いため、1人で0歳~年長クラスまで幅広く担当します。普段の体調管理、アレルギーがある園児や服薬のある園児の管理を実施し、必要に応じて保護者への連絡や医療機関への橋渡しも担当します。

保育補助

保育園で勤務する看護師として、看護業務以外に求められるのが保育士のサポートです。本コラム内でご紹介したように、看護師1名は保育士1名としてカウントされるため、看護師も保育士業務を担当する職場が多いようです。具体的には、保育士とともに園児の遊び、活動への参加や、食事のサポートなど、幅広い保育業務を行うようです。その他、健康診断や歯科検診での補助も行います。

保健指導、保健だよりの作成

子どもたちの健康に関する情報提供や指導のために保健だよりを配布する園が多いようです。月に1度、園だよりの内容の一部として記載する園や、保健だよりとして保健内容に特化したおたよりを書く園など、フォーマットや内容は様々です。

園外保育への同行

遠足や宿泊保育に同行し、園児のケガや体調不良に対応します。

保育園で働く看護師の魅力・注意点

魅力

保育園が看護師にとってどのような魅力があるのかご紹介します。

・カレンダー通りの休日
看護師の場合、病棟の常勤は2交代制や3交代制などのシフト制で勤務する場合がほとんどで、休日は不定期となります。一方で、保育園は勤務する園の休みに準じて休日が設けられており、土日祝日休みの園であれば看護師もお休みになります。土日休みで看護師を続けたい方やカレンダー通りの連休が欲しい方にはメリットといえます。

・夜勤がない
保育園で勤務する場合、夜勤はありません。常勤のまま日勤勤務を希望する方は保育園も検討する方が多いようです。

・子育て経験を活かせる
勤務時間のほとんどを子どもたちに囲まれて働くことになるため、お子さんのいる方は子育ての経験を活かすことが可能です。子育てに悩みを持つ保護者も多いため、看護師と子育て経験者の両方の立場で役に立つことができるでしょう。

注意点

上記で挙げた魅力がある一方、注意したい点もあります。

・給料が安い
保育園勤務は夜勤がないため、病棟勤務と比べると給料は低くなる場合があります。働きやすさよりも収入を重視したい方にとって保育園は向いていないかもしれません。

・同業種がいない
基本的に一つの保育園で勤務する看護師は1名のため、他の医療従事者が職場にいない場合がほとんどです。業務に関する悩みや不明点を相談できる相手がいないため不安に感じる場合があるでしょう。

・看護スキルが生かせる場が少ない
保育園の看護師は子どもの健康管理や命を守るために必要な存在ですが、点滴や採血などはほとんど行いません。大きなケガは医療機関で対処するため、医療行為の機会も減ってしまいます。看護師としてのキャリアアップを目指している方や、スキルアップしていきたい方は物足りなさを感じてしまうようです。

保育園看護師の給与

看護業界の転職支援に特化したキララサポートで実際に扱っている求人を例に、保育園看護師の給与を見てみましょう。

①東京都 正看護師 正社員 保育園勤務
年収3,055,000円~4,295,000円

②神奈川県 正看護師 正社員 保育園勤務
年収3,780,000円~4,480,000円

夜勤ありの病棟勤務に比べ、給与はやや低い傾向にありますが、日勤のみの病院勤務の看護師とは給与差はないようです。

保育園の看護求人をもっと見たい方はこちらから

保育園看護師はこんな方におすすめ

子どもが好きな方

看護師業務だけでなく保育補助も行うため、子どもの世話や一緒に遊ぶことを楽しいと感じられる方にとってやりがいのある仕事といえます。

臨床経験とスキルが身に着いている方

基本的に医療従事者は看護師1名のため、医療処置のスキルや判断力が必要になります。各園により求めるレベルは異なりますが、一定の臨床経験のある方であれば挑戦できる仕事です。

子育てや家事と両立したい方

土日休みかつ日勤のみ、残業が少ない職場が多く、子育て中の方や家庭と両立して働きたい方にぴったりです。

まとめ

保育園で勤務する看護師の仕事内容や魅力・注意点をご紹介しました。保育園看護師は、子どもが好きな方にぴったりの職業です。看護師経験だけでなく育児経験も仕事に生かすことができるため、子育て世代の転職先の一つとして検討される方が多いようです。

育児や家庭との両立ができる求人や、日勤のみの働き方を希望されている看護師の方はぜひ看護に特化した転職支援サービス「キララサポート」にご相談ください!保育園看護師の求人も取り扱っています!

看護のお役立ち情報はLINEでもお届けします!
キララサポートへのお友だち登録をよろしくお願いいたします。
お友達追加はこちら

参考(キラライク以外のサイトに移動します):
※1 児童福祉施設の設備及び運営に関する基準
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323M40000100063

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
Pocket

The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!