看護師が転職先を自分で探す方法とは?自分で探す際のポイントとメリットデメリットもご紹介

公開日: 更新日: 看護 , 看護師転職マニュアル

転職したいと考えている看護師の方で、「初めての転職活動で何からすれば良いか分からない」「求人探しのコツが掴めず転職先が決まらない」と悩んでいる方も多いことでしょう。転職活動はただやみくもに求人を探すだけでは、自分に合った職場はなかなか見つかりません。

今回は、看護師が転職先を自分で探す方法やポイントについてご紹介します。それぞれのメリットデメリットを理解した上で、自分に合った方法で転職活動を進めましょう。

看護師が転職先を自分で探すメリット

看護師転職の履歴書看護師が転職先を自分で探すメリットとしては、自分のペースやタイミングで転職活動が行えることと、応募から採用まで時間をかけずに進められることです。自分で転職先を探して応募した場合、応募先の病院と直接電話やメールで日程調整をしたり連絡を取り合ったりできるのでスムーズに進めることが可能です。

また、ホームページなどで応募先について調べた上で応募することは「ここで働きたい」という熱意が伝わりやすくなります。

看護師が自分で転職先を探す時のポイント

転職先を探す看護師自分で転職先を探す時は、効率的に転職活動を進めるためのポイントを理解しておきましょう。

転職先を探す時に最も重要なのは、「なぜ転職したいのか」という転職理由を明確にすることです。転職活動における自分の軸を決めることで、自分の希望に沿った転職先を探す方法も見つけることができます。

また、自分の希望条件に優先順位をつけることも大事なポイントです。すべての条件を満たす求人ばかり探していると、応募できる求人がなくなってしまうこともあり得ます。どんな看護師になりたいのか、どんな条件で働きたいのかなど条件に優先順位をつけることで、自分が絶対に外せない条件と妥協できる条件が分かります。

もしすべての条件を満たしていなくとも、優先順位の高い条件が満たされていれば候補の一つに入れることができるでしょう。転職先に求める条件をまとめることで、応募したい職場・求人を見つけやすくなります。

看護師が転職先を自分で探す方法

看護師が転職先を自分で探す方法ここからは、看護師が転職先を自分で探す4つの方法とそれぞれのメリットデメリットをご紹介します。どのような方法があるのか参考にしてください

ネットで求人情報を検索して直接応募

転職したい病院・クリニックが決まっている場合や、自宅の近くで働きたいなどの明確な条件がある場合は、ネットで求人情報を検索して応募する方法がおすすめです。

第三者を介さず直接応募先の病院とやり取りを行うので、スピーディに転職活動を進められます。病院側にとっても、採用コストを抑えられる点から採用難易度が下がる可能性があります。

一方で、求人探しから応募の手続きまで、すべて自身で行わないといけないため手間がかかることがデメリットとなるでしょう。

看護師の友人・知人から紹介してもらう

看護師の友人や医療関係者に転職先を紹介してもらうのは、看護師の転職で多くみられる方法です。実際に勤務している人から職場のリアルな内情を知れて、事前に病院の雰囲気を把握することができます。さらに、紹介者が求職者の人柄やスキルなど魅力を病院側に伝えてくれるためミスマッチが少なく、比較的採用の成功率が高くなります。人脈が多い方は、友人・知人に相談してみると良いでしょう。

ただし、友人や知人からの紹介だと給与・勤務時間等の条件交渉を言い出しにくく、選考中や採用後に「やっぱり違った」と思っても辞退しづらいという点があります。紹介してもらう際は、慎重に検討して決める必要があります。

ハローワークで求人を検索する

ハローワーク(公共職業安定所)は、厚生労働省が地域の総合的雇用サービス機関として設置している公的機関の一つです。全国に窓口があり、インターネットからでも求人検索することができるので看護師に限らず転職活動で多く利用されています。

ハローワークへの求人掲載料は無料のため、多くの求人票が掲載されています。その一方で、転職サイトよりも情報量の少ない求人や条件が良くない求人も掲載されていることがあります。求人を探す際は自身に合った職場かどうかをしっかり見極めることが必要です。

ハローワークの営業時間は原則平日の午後5時までのため、働きながらの利用は難しいかもしれません。しかし、要件を満たすと職業訓練を受講したり給付金・手当を受給したりとサービスを受けることができるため、対象者の方には適しています。

eナースセンターを活用する

ナースセンターでは各都道府県の看護協会によって無料の職業紹介事業を運営しています。eナースセンターは、この事業をインターネット上に展開している求職 ・ 求人サイトです。登録すると直接ナースセンターへ行かなくても看護に関する求人や情報を得ることができます。ナースセンターの職員はほとんどが看護師なので、看護師ならではの悩みや不安を共感してもらいやすいという特徴もあります。

転職サイトやハローワークと比べると求人数は少ないですが、全国の求人を扱っていて応募から採用までインターネット上で行うことができるので、地方で転職先を探している看護師に向いている方法です。また、復職・再就職の方への研修や支援も行っているので、ブランクのある看護師にもおすすめです。

看護師が自分で転職先を探す時に大変なこと

転職先を探す看護師膨大な求人の中から自分に合った転職先を見つけるには時間や手間がかかります。そもそも自分で見つけられる求人は限りがあるため、良い求人を見逃してしまう可能性もあるでしょう。

転職で失敗しないためには応募先についてよく知ることが重要ですが、そのための企業研究や情報収集にも労力がかかります。特に働きながら転職活動している方はまとまった時間がとれず、両立が難しいと感じることも多いことでしょう。

求人探しから情報収集、応募後の日程調整、条件交渉など転職に関するやり取りを自分一人だけですべて行うことはとても大変です。このような時は、転職活動を支援しているサービスを利用することでスムーズに転職を進められるようになります。

看護師の転職探しは転職エージェントと併用がおすすめ

看護師の転職エージェント看護師の転職探しは、自分で求人情報を調べながらも看護師の転職事情に強い転職サイトを併用することがおすすめです。転職エージェントを利用すれば希望条件に沿った求人を紹介してもらえるので、先述したような自分で転職先を探すデメリットをカバーできます。厚生労働省によると民間職業紹介事業者を利用している医療分野の事業所は7割と多いため、自分に合った転職先をより効率的に探してもらうことが可能です。

また、転職エージェントは求人紹介だけでなく、応募先の職場の雰囲気や募集背景などインターネット上には掲載されていない情報を提供してくれます。採用までの面倒なやり取りや面接対策、条件交渉までおまかせできるので、初めての転職で何をすれば良いか分からない場合でも安心です。転職エージェントは無料で転職活動をサポートしてくれる便利なサービスなので、積極的に利用してみると良いでしょう。

キララサポートでは転職活動を考えている看護師の方に向けて、求人紹介の他、自己分析や履歴書作成・添削、面接対策などを担当のコンサルタントが二人三脚でサポートいたします。転職活動でお悩みの際は、ぜひキララサポートにご相談ください。

看護の転職を無料で相談♪

まとめ

今回は、看護師が転職先を自分で探す方法についてご紹介しました。自分で転職探しを行うにはメリットがある一方でデメリットもあるので、今の状況や自分の考え方に合った方法で転職活動を進めることが大事です。転職エージェントはプロとしてさまざまな情報を提供し、転職活動をサポートしてくれる心強い味方です。転職が初めてな方や不安を感じている方は、ぜひ一度利用してみてください。

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!