看護師の転職前後の悩みとは?後悔しないための対応策

2021.01.25看護 , 看護師転職マニュアル
Pocket

転職を決意したものの、「本当に転職すべきか」等転職に対して漠然とした不安を抱えている方はいませんか?転職により状況が改善する期待もできますが、深く考えずに判断すると転職後に後悔してしまう場合もあるかもしれません。今回のコラムでは、看護師の転職前後の悩みや不安をご紹介するとともに、後悔しないための対応策をご提案します。

看護師の転職理由

看護師は一般的な仕事に比べると給料が良いといわれていますが、その分責任も重く、仕事内容は肉体的にも精神的にもハードです。看護師専門の転職支援を行うキララサポートによると、下記のような理由で転職を希望する看護師が多いようです。

看護師に多い転職理由

・給与や待遇に不満がある
・夜勤や長時時間労働が辛い
・職場の雰囲気や人間関係が悪い

辛い現状に行動を起こせないまま我慢し続けてしまう方もいますが、ほとんどの悩みは職場を変えることで改善できるケースがあります。

看護師に多い転職前の悩みと対応策

いざ転職したいと考えても、何からすればよいのか、本当に自分にあった職場があるのか不安を感じていませんか?特に、転職を経験したことがない方にとっては、何もかも初めてのことで、転職活動がとても大変なことに感じてしまうようです。
転職前に抱える悩みと、それぞれの悩みに対する対応策をご紹介します。

看護師が転職前に抱きやすい悩みと対応策

転職すべきかわからない

対応策:まずは現状の不安・不満を明確にしてみましょう。転職によって解決できることなのか、あくまで自分自身の問題なのか判断しやすくなります。

自分が転職すべきか、誰かに一度相談してみたい方は転職のプロに聞いてみるのも良いかもしれません。看護師専門の転職支援を行っているキララサポートなら、面談を通し現在の状況を整理した上で、転職市場についての知見や看護師専門の転職コンサルタントとしての客観的な意見を得ることが出来ます。転職活動を強制されることはなく、今の職場に留まる方が良いと担当者が判断した場合はその旨きちんと伝えてくれるようです。

無料で相談してみる

自分に合った職場の条件が分からない

対応策:自身の理想の職場像を書き出してみましょう。理想像がピンとこない人はさまざまな病院の求人を比較してみるのもオススメです。自分がどれくらいの給与で満足できるのか、勤務形態や施設形態はどういったかたちが良いか等、自分の働きたい条件を絞っていくと求人探しがしやすくなります。

今の職場に自分がなじめていない

対応策:入職してからの期間が短い方は、この理由で転職の判断をするのはおすすめできません。仕事を確実に取り組んでいけば自ずと人間関係は築かれていくため、無理になじもうとする必要はないかもしれません。ただし、人間関係などのトラブルに悩みを抱えている方は転職という選択肢もあります。

スキルアップができない

対応策:磨いていきたいスキルを明確にし、そのスキルの向上が今の職場で実現できるのかをまずは考えてみてください。スキルアップしたい能力と、現在の職場環境の両方を踏まえて転職すべきかを見極めると良いでしょう。

家庭、育児との仕事が両立できない

対応策:夜勤や長時間労働が必須な職場も多く、家庭との両立に悩む方も多いようです。看護師の働き方は様々ですので、勤務形態を見直し残業なしで退勤できる仕事や日勤のみの働き方に変えることも検討してみましょう。

医療ニーズの高まりとともに、看護師の活躍の場も広がっており、ライフスタイルに合わせた働き方が可能となっています。そんな中で、転職を機に希望にあった仕事を見つけたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。職場選びの際は、職場の種類と雇用形...

人手不足で退職できない

対応策:人手不足は病院側の問題です。きちんと手続きをとり引き継ぎを行えば転職することは何も悪い事ではありません。
2週間以上前に書類を提出すれば法律上問題はありませんが、1か月前に申告など病院ごとにルールがありますのでなるべく早く退職希望を表明し、手続きを行いましょう。

退職や転職を考えているものの、「どのような書類が必要なのか分からない」「退職願・退職届の違いや書き方が分からない」という方もいらっしゃることと思います。円満に退職するには、退職に必要な手続きを行い、退職の意思表明を示すことが大事です。ここでは、退...

看護師に多い転職後の悩みと対応策

悩んでいる女性看護師看護師の転職後に起こりやすい悩みと対応策を紹介します。

看護師の転職後に起こりやすい悩み

募集事項の内容と実際の勤務内容が異なるのではないか・・・

「残業はないと聞いていたものの、時期によっては残業が発生してしまう」等、入職してみてから募集要項と異なることが分かり後悔してしまう方が多いようです。このような後悔を避けるために、譲れない条件等は事前に確認しておくことをおすすめします。働き方や給与体系などの条件面、特に譲れないものに関しては募集要項だけでなく担当者に改めて聞いておくと良いでしょう。応募先には直接聞きづらい、と感じる方は転職エージェントを利用しておけば、疑問や聞きにくいことを都度調べてくれます。

研修がきちんと実施されないかもしれない・・・

看護師経験があるため、できるという前提業務がいきなりスタートする場合もあります。できないことや初めて行う業務があるのは悪いことではないため、必ず上司に申告し大きなミスにつながらないようにしましょう。経験が浅く研修をしっかり受けたいと感じている方は研修制度の整っている職場がおすすめです。

収入が下がってしまわないか不安・・・

スキルを評価して昇給してもらえる職場かどうか、または転職者向けの給与体系がある職場かどうかを面接で確認しましょう。給与に関しても直接聞きづらい場合は、転職エージェントをうまく使えば応募先の心象を悪くせず情報が得られます。

人間関係がうまくいかないかもしれない・・・

転職初日から積極的に周りのスタッフと会話をする、挨拶をする等コミュニケーションを大切にしていきましょう。最初に挨拶周りや歓迎会の機会を用意してくれる職場もあるため、そのチャンスを生かし早く職場に溶け込めるといいですね。

入職後すぐに転職したくならないか心配・・・

看護師に限らず短期間に何度も転職するのは印象が悪く自分の評価も落としかねないため、できれば短期間での転職は避けたいところです。また、よく考えないまま転職してしまうと転職後も再び同じことで悩み、その結果短期での退職に繋がってしまうケースも多くあります。転職の際は、給与や待遇だけでなく長く勤務できる職場かどうかも含め、慎重に判断しましょう。

看護師の転職で後悔しやすい人の傾向

・知名度で決める
・給料や待遇で決める
・自己分析ができていないまま転職する

応募先を知名度や給与といった「うわべ」だけで選ぶ方や、自分がどう働きたいか分からないまま転職する方は、転職後にギャップを感じてしまうようです。お金や待遇は大切ですが、働きやすさや人間関係、業務内容もしっかり検討することで納得できる転職に近づくことができます。

まとめ

看護師の転職の悩みと対策をご紹介しました。転職において、入職はゴールではなくスタートです。自分らしく、長く活躍するために、本記事が参考になりますと幸いです。
後悔のない転職を希望される方は、転職エージェントの活用もおすすめです。看護のお仕事紹介に特化したキララサポートなら、ご希望に合った職場探しに加え、面接対策や書類作成サポート等転職成功のお手伝いをしてもらえます。

無料で相談してみる

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
Pocket

The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!