転職時に条件交渉はできる?交渉のタイミングや事前準備、注意すべきポイント

公開日: 更新日: お役立ちコンテンツ

条件交渉のポイントとは転職活動で給与アップを実現させる方法の一つに「条件交渉」があります。条件交渉により応募先が提示している給与よりも高い条件で入社できる場合があるため、年収を重視する方には有効な手段です。ただし採用に影響が出るケースもあるためタイミングや交渉の仕方には注意が必要です。本コラムでは転職活動時の条件交渉を上手に進める方法をご紹介します。

転職時に条件交渉しても良いの?

OKとNGのイメージ転職時の給与交渉をしても良いか迷う方もいらっしゃいますが、給与交渉はマナー違反などではありませんので行ってOKです。

転職時に交渉できる条件

・入社日
・給与、年収
・各種手当
・勤務地
上記のような内容に対し条件交渉をすることができます。交渉に対し企業側と労働者側双方の合意が得られれば労働条件を変更することが可能になります。

ただし必ず交渉が通るとは限らない

条件を考慮してもらえる職場も多くありますが、交渉の内容によっては採用結果に影響が出てしまうため伝え方やタイミングが非常に大切といえます。

条件交渉はいつ切り出すのが適切?

条件交渉を行うタイミングは面接の終盤、内定後に条件交渉を行うことがおすすめです。逆質問でいきなり待遇面を聞く・交渉するのは給与など条件が目当てで転職すると思われてしまうため心証が悪くなってしまうかもしれません。また、基本的に内定承諾後の交渉はできないため内定後、承諾する前に切り出すのが良いでしょう。

条件交渉する際の事前準備やポイント

好印象に条件交渉するためにしておきたい準備やポイントをご紹介します。

入社日を交渉する場合

提示された入社日が厳しい場合はその旨を正直に伝えましょう。ここで提示された日付に適当にOKを出した後、結局その日の入社ができないとなると転職先に迷惑が掛かってしまいます。退職手続きや業務の引き継ぎ期間を考慮して入社可能な日を伝えましょう。

給与を交渉する場合

希望する業界や業種、転職先の給与相場を確認した上で金額交渉を行います。年収で30~50万円のアップを希望するのが一般的です。遠慮して低い金額で希望を出すとその年収で通ってしまう可能性が高いため注意が必要です。ただし、転職先の年収相場や自分の能力に見合わない高額な年収交渉をすると採用に影響が出るため控えた方が良いようです。

条件交渉で気を付けるべき注意点

ペンとノート条件交渉するときは伝え方で印象が大きく変わるため、悪い印象を与えないためにいくつか気を付けたいポイントがあります。

しっかり優先順位をつけて交渉する

実現したい条件をすべて提示するのは印象を下げてしまうことにもなるため、自分の譲れない条件のみに絞って伝えることをおすすめします。例えば「年収は前職と大差ないが、自分の都合に合わせて入社日を待ってくれる」など、譲れない条件と譲歩できる条件の両方を検討しましょう。

転職先を納得させられる根拠が必要

自分の希望を無理やり通そうとすることはNGです。根拠なく年収アップを求めるのではなく「なぜその条件を希望するのか」を答えられるようにしておくと良いでしょう。年収アップしてでも自分は採用するに値する人間であると論理的に説明できない場合は提示している条件に無理があるかもしれません。

自分の主張だけを通そうとしない

希望を伝えたい、転職先を納得させなければと焦ってしまうと自分の主張ばかりになってしまう方もいらっしゃるようです。条件交渉をする際は冷静に、話すタイミング・聞くタイミングを意識して伝えましょう。

条件交渉が難しい場合は転職エージェントを活用するのもあり!

株式会社本コラムを読んで、「条件交渉をうまくできる自信がない・・・」と感じた方は転職エージェントを活用するのもおすすめです。自分で交渉ができない場合は転職エージェントが代わりに条件面の交渉を行ってくれます。また、転職エージェントは条件交渉に慣れているため、後でトラブルにならないような伝え方もしてくれるため安心です。

まとめ

条件交渉のタイミングとポイントをご紹介しました。長く働き続けるためにも、条件交渉を行うことは大切です。転職先に与える印象を考えつつ、希望条件を相手に伝えましょう。うまく条件交渉ができそうにない方は、保育・看護専門の転職支援サービス「キララサポート」に相談してみてはいかがでしょうか。数多くの保育士さん、看護師さんの転職支援を行ってきた会社なので、保育園・病院とうまく条件交渉を行ってもらうことが可能です。

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!