心療内科に転職したい看護師必見!仕事内容や転職理由のポイント

公開日: 更新日: 看護の仕事

カルテと聴診器 看護師として働く中で患者の心の健康が身体の健康状態にどれほど影響を及ぼすかを見てきた方もいるでしょう。転職を考えている看護師の中には、心療内科への転職を考えている方もいるのではないでしょうか。転職を考えている場合は、希望している診療科のことを理解することが大事です。

この記事では、心療内科へ転職したい看護師向けに仕事内容や転職理由のポイントについて解説します。ぜひ、参考にしてください。

心療内科での看護師の仕事内容

看護師と患者 心療内科は、心に関わる病気を専門に診る場所です。中でも、ストレスで引き起こされる不調を扱います。

例えば、ストレスによって起こる頭痛や胃潰瘍、過敏性腸症候群などがあてはまります。身体と心の不調を総合的に診て、心療内科で適切な治療を行います。

そんな心療内科での看護師の役割は、コミュニケーションを通じて不安を解消したり、治療に専念できたりするようにサポートを行うこと。外科に比べると医療行為をする機会が少ないですが、それ以外の医師のサポートや点滴・注射の処置などの業務は、他の診療科とあまり変わりありません。

また、心療内科は、精神科と混合されがちですが、心療内科と精神科は診察する分野が異なります。心療内科は心の病気により引き起こされる不調を診るのに対して、精神科はうつ病や総合失調症、双極性障害などの「心の病気そのもの」を治療する場所です。診る病気が異なるため、混合してしまわないよう注意が必要です。

ただし、心療内科でも診察内容が精神科に近い病院もあります。病院の規模や方針によって異なるため、転職を考えている病院の診療内容などはしっかりとチェックしておきましょう。

心療内科の看護師に向いている人材とは?

心療内科は、他の科と比べると少し特殊に感じる部分があるかもしれません。では、どのような方が心療内科に向いているのでしょうか。

長期的に患者をサポートしていきたい人

心因性の病気は、目に見えて回復しているかどうかがわかりません。そのため、治療が長期間になる患者も多く、看護師は患者を長期的にサポートする必要があります。このことから、心療内科の看護師は、じっくりと患者をサポートしていきたいと考えている方に向いているといえます。

コミュニケーション能力が高い人

心療内科では、患者とのコミュニケーションを取る機会が多いです。また、会話を通じて緊張した雰囲気をほぐしたり、癒やしたりするためにコミュニケーションが重要となります。患者との信頼関係を築くためにも、コミュニケーションについては大切にされている部分です。そのため、コミュニケーション能力が高い方は歓迎されやすいです。

緊張している患者や、心にストレスを抱えている方もいるため、会話はもちろん、さりげない気遣いができる方も重宝されます。

メンタルヘルスに関心がある人

心療内科の看護師 メンタルヘルスに関心があるという方も、心療内科の勤務が向いています。現在、コロナ禍の影響もありメンタルヘルスの不調を訴える人は増加していて、外来患者数も増加している状況です。それに合わせて、心療内科の看護師の需要も高くなってきています。

そのため、メンタルヘルスに対して関心があり、スキルアップを目指したいと考えている看護師も相談可能としているところも多いでしょう。しかし、ただ学ぶという受け身でいると、消極的な印象を与えてしまうことがあるため、メンタルヘルスについて勉強しているなど積極的な面も伝える必要があります。

また、カウンセラーに関する資格を持っている方やカウンセリングの経験があるという方も向いています。

多くの症例を経験してスキルアップを目指す人には不向き

心療内科では、外科と比べると医療処置は少ない方です。また、緊急処置や入院などの対応も多くありません。そもそも入院施設が備わっている病院が少ないこともあり、医療処置はあまり行わないことが考えられます。

そのため、医療処置が多い緊張感のある現場で学びたい方や、多くの症例を経験してスキルアップを目指したいと考えている方には、やりたいことと現場の状況が合わないことも考えられます。夜勤のある場所も少ないため、日勤だけではなく夜勤でも働きたいと考えている方もやりたいことと合わないことが多いでしょう。

心療内科への転職理由を伝えるときに気を付けたい点

転職理由をきく看護師 転職を考えている場合、どうして転職するのかを伝えます。ここでは、心療内科への転職理由を伝える際の注意点をご紹介します。

ネガティブ表現をしない

ネガティブな理由は、ポジティブな表現に言い換えましょう。前職での辛かったことや人間関係の悪化などを理由にすることは避けるようにしてください。特に心療内科に通う患者は繊細な方が多いです。ネガティブな言葉が多いと不安を与えることにもつながるため、ポジティブな表現に変え、印象を変える力が大切です。

待遇条件だけを理由にしない

心療内科は残業がないところが多く家庭と両立しやすいメリットがあります。ただ、それだけを理由にしてしまうと本当に心療内科で働きたいのか疑問に思われることも。もっと良い待遇の場所を見つけたらやめてしまいそうと思われてしまうことがあります。待遇条件に惹かれたとしても、それ以外の志望先ならではの良いところを見つけて、理由にすると良いでしょう。

心療内科の転職理由で伝えたいポイント

次に、心療内科への転職理由を伝える際のポイントをご紹介します。

心療内科を希望する理由

転職理由は、最終的に志望動機とつながるように、一貫性を持たせることが大切です。また、何をきっかけに心療内科やメンタルヘルスについて関心を持ったのか、心療内科で得られると考えているものなどを伝えるようにしましょう。

生かせる資格や経験

心療内科に転職する際に生かせる資格は、心理カウンセラーや、臨床心理士、公認心理師などです。心理学を用いた資格を持っておくことで、心療内科に通う患者とのコミュニケーションの取り方や、サポートの仕方がわかりやすくなります。

また、心療内科で務めた経験があれば、その経験について話すのもポイントです。心療内科でなくても、これまで経験してきたことをどう心療内科で生かしていくのかを話すと良いでしょう。

看護師の転職ならキララサポート

求人を探す求職者 転職を考えている看護師は、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは、転職に関する情報を提供してもらえたり、自分が希望する職場に合った求人を探してくれたりと転職をサポートしてくれます。初めて転職するという方も、書類の添削や面接対策といった選考対策や、給与などの条件交渉などを行ってくれるため、安心して利用できます。

キララサポートでは、看護師の転職に関するサポートを行っております。心療内科を含むさまざまな診療科の求人をご用意。キララサポートでも選考対策や交渉など、転職をサポートしております。転職を考えているけど、履歴書の書き方や面接に対する不安があるという方は、ぜひキララサポートにご相談ください。

キララサポートの登録はこちら

心療内科への転職を叶えるなら!キララサポート看護

 

おわりに

メンタルヘルスの不調はさまざまな要因が複合的に絡み合って引き起こされると考えられています。昨今ではコロナ禍も影響し、メンタルヘルスの不調を訴える人は増加していて、心療内科で受診する方が増えてきています。そのため、心療内科の看護師の需要も高くなってきています。転職をお考えの方で、メンタルへするに関心のある方は、ぜひ心療内科のお仕事を探してみてはいかがでしょうか。

心療内科のお仕事が気になるという方はぜひ一度、キララサポートにご相談ください。

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
あなただけのお仕事探し♪無料転職サポートへ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!