LE.O.VE株式会社

LE.O.VE株式会社

現場看護師・人事担当者インタビュー

はじめに

看護師さんの中には、訪問看護の仕事って実際どんなことをしているのか知らない方々もいらっしゃると思います。

キララサポートでは、LE.O.VE株式会社(LE在宅・施設 訪問看護リハビリステーション:以下、LEと記載)の訪問看護師として実際に働くR.S様(看護師)とS.M様(エリアマネージャー)、M.I様(人事担当者)にインタビューしてきました。訪問看護師のお仕事内容やLEならではの取り組みなどをお話いただきました。
訪問看護に興味がある看護師さんや、これから転職を考えている看護師さんは、ぜひ参考にしてみてください。

※LEではご利用者様のことをご活用者様と呼んでおります。

目次

LEの訪問看護師さんについて

R.S 様:用賀支店の管理者
北海道出身で4年制の日本赤十字北海道看護大学を卒業し、生まれの旭川の日本赤十字病院で3年間勤務。元々訪問看護に興味があったことと、より様々なことを学び経験していきたいと思い、LE.O.VE(リオーブ)株式会社に転職。現在1年半(2024年1月現在)ほど勤務。

S.M 様:自由が丘本店の管理者 兼 エリアマネージャー
LE.O.VE(リオーブ)株式会社に入社し8年目。現在はエリアマネージャーとして、自由が丘本店の管理者と自由が丘の近隣店舗5店舗を管轄。スタッフ教育や売上管理などに従事。

訪問看護ってどんなお仕事?

訪問看護のお仕事

R.S 様
訪問看護のお仕事は、主にご活用者様のご自宅を訪問しての看護業務ですね。ご訪問してまず手を洗って、「1週間どうでしたか」などの話を聞いて、血圧や脈拍、体温、胸の音など全身の状態を確認します。その後、ご活用者様毎ですが、傷の処置をする方や点滴を行う方など様々です。

あと看護師でもリハビリ業務を行うこともあります。看護師がリハビリを行うことはLEに転職して驚いたことなのですが、LEだとリハビリのスタッフが同じ職場にいて、直接教えてもらえます。もちろん専門的なリハビリは、専門スタッフが行うのですが、体調の確認と合わせて簡単な体操やストレッチとか、あと主治医の許可を得てからですが、外にちょっと散歩したり、だいだい60分ぐらいになりますね。

こうしたご訪問を午前と午後でそれぞれ3件ほどして、事務所に帰ってきた後、スタッフ間の申し送りをして、外部との連携業務や書類作成、研修、勉強会などをやっています。外部の方とのやり取りは、いまだにFAXが存在している業界なので、FAXで文書を送ったり、電話での作業もしますね。LEでは、直行直帰を禁止しているので、朝礼や終礼をしっかり行いスタッフはもちろん、ご活用者様の状態を確認します。ご活用者様では看護師1人で25人ぐらいを担当し、月100件程訪問する感じです。

時には苦労もある

LE在宅_苦労

S.M 様
病院からの転職で訪問看護を初めて行う看護師さんは、慣れるまでに大変なこともたくさん出てきます。
まず体力面ですね。訪問看護では夜勤がなくなることで生活リズムは整いやすくなると思います。ただ病院の看護師さんは3連勤して夜勤して翌日が休日になることが多いと思いますが、訪問看護では5日間連続で働くことがそもそもしんどくなる方もいますね。

そしてオンコール対応です。他社は1週間か10日に1回が多いところ、LEのオンコールの対応数は年5~6回とかなり少ないです。オンコール対応は、待機室4カ所で合計4名の看護師が対応します。なので他の3名に相談もできて、自分1人で待っている感じではないですね。オンコールを受け持った次の日は休みなことも強みです。
また雨の日も雪の日も風の日も自転車で訪問することになるので、ここまで考えて転職する看護師さんは少ないです。もちろん、台風とか、ある程度予測がつくので、スタッフの安全を考慮しながら、訪問時間をちょっと前倒しするなどの訪問調整をさせていただきます。

R.S 様
そしてLEならではですが、“顔出しコミュニケーション“という担当ケアマネジャーさんとの顔合わせを大切にしています。他社では営業担当が行う活動ですが、LEでは営業がいないので、ケアマネジャーとコミュニケーションを取りに行きます。私も営業をやったことがないのでまず驚きました。

LE在宅_顔出しコミュニケーション

顔出しコミュニケーションは、何かを直接売り込みに行くっていうよりは、顔なじみのケアマネジャーさんとお話しにいく感じです。最初は顔写真入りのチラシとかを持って行っていたのですが、今度「何話そうかな」って思うんですね。担当しているご活用者様は変わりないですし、ただこの変わりないことを話したり、気になっていた些細な情報、例えば「手すりが新しくなって」とか、「こう過ごしてみたいそうですよ」とか普通の情報を話せばいいんだと、気づけてからすごく楽になりましたね。

ケアマネジャーさんも月1回30分から1時間程度の訪問なので、得られる情報も少ないんです。そんなケアマネジャーさんの立場になって聞きたいことって、“変わりないこと“だったりするので、こうした何気ないコミュニケーションを大事にするようにしています。そうしてケアマネジャーさんからの信頼が生まれたり、知っている看護師に「新しい依頼をしたい」という声を頂くことも多いです。

S.M 様
あと入社1年目で訪問看護業務に慣れていない看護師さんは残業が多くなりがちですね。訪問看護が未経験ですと、業務を覚えることもそうですし、書類作成や外部との連絡も訪問後になりやすかったり、知識や経験を補うための研修もあったりします。多くのスタッフは2年目でワークライフバランスが取りやすくなります。みなさん「この日は忙しくなるけど、その分この日は早く帰ろう」などメリハリをつけて勤務していますね。

LEの訪問看護はやりがいや魅力も多い

LE在宅_やりがい

R.S 様
LEで訪問看護をしていて大変なことも多いんですが、やりがいや嬉しいこともたくさんあります。例えば、ご自宅で最期を迎えたい方で、ご本人の希望とご家族も最期は慣れ親しんだ自分のベッドで過ごせたらという思いがあり、ご自宅で最期まで寄り添えたんです。そして四十九日過ぎて、線香を上げに行った時に、ご家族から凄く喜んでもらえたのが、自分達がやってきたことが認められたんだなって思って、すごいありがたく感じました。
ほかにも訪問している間で、近辺を自転車で通りかかった際に、ばったりご活用者様やそのご家族と会ったりするんですよね。その際に何か声を掛けてくださったりすると、なんかすごく嬉しいですね。覚えてくれてるんだって。

あとLEでは20代30代の若手看護師が中心で、活動力とか向上心があるスタッフが多いんです。私にプリセプターとしてついてくださった方が同い年で、社内の管理者育成コースを進んでいた方だったんです。そこから色々なことを間近で学べて、同い年なのに自分自身とこんなに違うんだっていうのが悔しかったり、そこにもっと自分も近づけたらなっていう思いも生まれたり、そんな魅力あるスタッフが多いんです。常に新しいことの発見と反省、どうしたらよくなるのか実践することの繰り返しで、飽きなくていいなって思ってます。

LEの教育体制もすごい

S.M 様
訪問看護が未経験の看護師でも活躍できるように、秘伝の書じゃないですけど事業を開始してから積み重ねてきたノウハウが詰まった教材がたくさんあります。録画して撮った教材やオンライン教材、あとプリセプターの方が現場で教える独自教材、直接施術を行う看護技術研修とかもあります。こうした研修や教材、業務マニュアルも、代表の多江が実際に看護師として訪問看護を行う中でまとめたものに対し、現場スタッフが今現在感じているものを意見出し、エリアマネージャーやブロックマネージャー、代表とですり合わせしアップデートしていきます。なので現場スタッフの声が反映される面白さもありますね。

LE在宅_教育体制

他にも様々なことを話合うチーム会議が25チームぐらいあり、フットケア部会や認知症包括ケア部会などの専門職特化型の委員会から、一般職を交えた営業チーム、広報チーム、あとSNSチームなど、それぞれチームに分かれ色んな意見を交えて、会社を運営しています。
入社後のフローもこうしたできた教材を使い、新入社員は入社初日にWEBでの初任者研修を丸1日行い、2日目から通常業務で先輩スタッフに訪問同行していきます。またプリセプターも1、2か月は通常一対一でつくのでこの期間で業務に慣れていただきます。プリセプターと店舗管理者が一緒にフォローしていきます。
3カ月目から1人立ちしていくフローですね。研修も最初の2カ月間で4回実施して、一般ビジネスマナーから専門職に特化した研修とかが組み込まれています。

LEではコミュニケーションや情報共有が活発で朝終礼はもちろん、チャットのような連絡ツールを使ったやり取りやチーム会、管理職会議、過去に起こってしまった失敗事例をまとめた“ありがとうレポート”などの独自なものも多いです。LEでは困ったことがあると、スタッフはよく質問し合うことも多く、気軽にコミュニケーションを取っていますね。

将来の目標について

R.S 様
LEも全国展開を考えているので、私が育った北海道で、もし出店の機会があるのであれば、地元に何か還元できるといいなって思ってます。何か地域のために頑張りたいみたいな熱い思いがある看護師さんが来てくれると、自分達も同じ目標に沿って頑張っていけるかなと思います。色んなことにチャレンジしたい方や将来のビジョンがある方に、ぜひLEに飛び込んできてほしいですね。

人事担当者インタビュー

LE.O.VE株式会社の人事担当者にもお話を伺いました。

LE在宅_人事担当者

LE.O.VE株式会社について

LEは、訪問看護サービスに特化した会社になります。訪問看護とリハビリテーションだけで17期連続して事業を運営していて、とにかく訪問看護に”本気”なんです。訪問看護の業界を変えようだったり、訪問看護のレベルを上げようと本気で動いています。
今後も高齢社会がどんどん進む中で、病棟よりも自宅で療養したい方も増えている一方で、サービス提供する働き手が少ないのが現状です。また若手看護師の多くはどうしても、訪問看護って経験を積んだベテラン看護師しか働けないみたいなイメージがあるんです。そういった経験がなくても、若手看護師でも活躍できるような教育カリキュラムを作り、教育体制を築いて、業界イメージを変えていきます。

他にも電子カルテの導入やご活用者様のために移動している看護師がどこを移動してますよとマップ上で知れるロービームを導入したりとか、最新機能を使って働き手もサービスを受ける側もサービスを受けやすい環境作りも積極的にしています。

また全国展開もしていきます。多くの看護師がいれば、命が多く救えます。なので多くの看護師を雇用して多く出店していきます。今でいうと東京都内に52店舗(2024年1月現在)出店していて、名古屋にも1店舗ありますが、今後東京23区で90店舗、名古屋は3店舗にまで増やし、近隣店舗でスタッフ同士がフォローしやすく、また通勤しやすくしていきます。
会社の評判やブランディングも強くて、地域に根付いている分、ケアマネジャーさんや先生にも知ってもらっていることもあり、エリア拡大もしやすいんです。

LE.O.VE株式会社の求める人物像について

LE在宅_人物像

LEの求める人物像はどのエリアでも変わらないです。前向きで成長志向があり、協調性がある方ですね。LEではジェネラリストとして訪問看護業務以外にも、顔出しコミュニケーションといった営業活動やチーム会などの社内活動、勉強会や研修、本社業務など業務も多いので忙しくなりがちです。なので看護だけをやりたい方だと難しいかもしれないですね。
また働く中で問題は必ず出たり、起こってしまうと思うんです。そこで思考を止めずにその問題と向き合い、どうしたらできるのか、どうしたら解決できるのか工夫して行動したり、周りに聞いて素直に自身に取り入れて、前向きに行動に移せる人が合っていると思います。LEではそんな積極性のあるスタッフが多く、お互いに助け合い、人も会社も“勢い“よく成長していければと考えています。

最後にLEへの転職を希望する看護師さんに一言

LEが大事にしている企業理念や方針、業務内容の大変さなども面接でしっかりお話し、入社後にギャップを感じないようにさせていただきます。訪問看護は未経験な看護師さんでも、長く活躍できるように教育体制や待遇面、環境面、福利厚生も整っているので、ぜひ一緒に成長していければと思ってます。

ありがとうございました。

会社概要

会社名:LE.O.VE株式会社
事業内容
・介護保険法に基づく居宅事業
・医療保険法に基づく居宅事業
・自由契約での訪問医療事業
設立:2007年
従業員数:約700人(※2023年8月時点)
本社所在地:東京都渋谷区神南1-17-11 ガーデンキューブ渋谷神南6階

忙しいあなたに寄り添った転職サポートをします。

忙しいあなたに寄り添った転職サポートをします。

チェックマークLINEでも気軽に無料相談できます

チェックマーク給与や残業時間、職場の人間関係などリアルな情報をお届け

チェックマーク履歴書作成や面接対策、条件交渉など安心しておまかせ

お電話でのお問い合わせ0120-997-177(受付時間:月〜金 10:00〜19:00)