理学療法士(PT)とは?介護施設での役割と仕事内容

2020.11.09介護 , 介護士の働き方・環境
Pocket


介護の職種の一つに「理学療法士」という職業があります。通称PTと呼ばれる仕事ですが、具体的にどのような業務を行うのでしょうか。今回のコラムでは、理学療法士の仕事内容や介護施設の役割について、詳しくご説明いたします。

理学療法士(PT)の仕事内容

理学療法士とは、PT(Physical Therapist)と呼ばれる職業で、事故や病気によって身体に障がいを持った方や、加齢により身体機能の衰えた高齢者に対し基本動作能力(立つ、歩く、座る等)の回復や能力維持、予防を目的としたリハビリを実施することが主な仕事です。理学療法士はリハビリテーションの専門職であり、関節や筋肉等、人体の構造の知識と、一人ひとりに応じたリハビリ計画の作成・実践が求められます。

理学療法士の資格取得のメリット

国家資格のため信頼性が高い

理学療法士資格は国家資格のため、患者や利用者、他職種からの信頼が厚い点がメリットの一つです。もちろん理学療法士自身の人柄の良さやスキルがなければその信頼は成り立ちませんが、資格があることで安心してリハビリプランに取り組んでくれる利用者が多いといわれています。

活躍の場が広い

乳幼児から高齢者まで、幅広い人の身体機能のサポートを行うため、病院やクリニック、老人ホームなど様々な場所で働くことができます。中には、スポーツ選手が訪れる病院でのリハビリ治療の実施や、プロのスポーツチームの専属スタッフとして、アスリートのサポートをしている方もいるようです。近年は少子高齢化が進んでいるため、リハビリを必要とする高齢社の増加とともに理学療法士の需要も高まってきています。

介護の転職支援サービス「キララサポート」で実際に扱っている求人を見てみると、下記のような施設の求人がありました。

介護付き有料老人ホーム
訪問看護ステーション
通所リハビリステーション
介護老人保健施設
病院

最新の求人情報はこちらをチェック!

利用者の回復や改善が目に見えるため、自分のやりがいに繋がる

利用者のより良い生活や健康、自立した日常生活の実現に貢献できる点を大きなやりがいに感じている理学療法士の方が多いようです。歩くことができなかった高齢者が少しずつ歩けるようになる、事故に遭った方が日常生活を取り戻せるようになる等、利用者の人生に関わることができる魅力ある職業といえます。

理学療法士の資格取得方法

理学療法士の資格は国家試験に合格することで取得できます。また、受験資格を得るために養成学校や大学にて指定されたカリキュラムを修了する必要があります。

介護施設での理学療法士の役割と仕事内容

病院やクリニックの求人もありますが、理学療法士求人が増えているのは介護業界です。介護施設で理学療法士として働く際は、どのような仕事内容で、どのような役割が求められているのかをご説明します。

介護施設での理学療法士の仕事内容

介護施設によって利用者の要介護度が異なるため、一概に同じ業務内容とは言えませんが、例えば在宅復帰を目的として運営している介護老人保健施設では、衣服の着脱の練習や路面での歩行訓練を実施するなど、日常生活を想定とした訓練と指導を行います。

介護施設での理学療法士の役割

介護施設での理学療法は、機能・動作レベルを維持することが最大の目標となります。病院で働く理学療法士は身体の機能改善に重点を置いていることが一般的で、自宅復帰や職場復帰を目指すリハビリを実施することがほとんどです。対して介護施設では、病院の患者と比べて劇的な身体機能の改善が実現するケースが少なく、理学療法士は生活の中で少しでも自立した暮らしを送ることができるようにサポートする役割を担っているようです。

理学療法士と介護福祉士の違い

理学療法士と介護福祉士の仕事内容の違い

笑顔の利用者と介護スタッフ

介護福祉士は介護に関する豊富な知識を持ち、現場で介護を行うプロフェッショナルとして資格を保有・勤務する職業です。一方で理学療法士は身体の構造や医学の知識を活かしリハビリに特化して力を発揮します。どちらも専門性を高めた国家資格ですが、直接介護を行い生活を支えるか、医学的に身体機能の回復・維持に貢献するかといった違いがあります。また、介護福祉士は高齢者のケアを行うことが一般的ですが、理学療法士は高齢者だけでなく乳幼児や若い人のリハビリも担当します。それぞれ仕事内容が大きく異なりますので、資格取得の際はご自分の興味のある内容はどちらか、検討してみてくださいね。

・ダブルライセンスについて
介護福祉士として、現場で学んできた経験を活かした上で理学療法士としてキャリアアップする方もいるようです。理学療法士と介護福祉士の仕事は共通する点も多く、介護福祉士として働きながら資格取得を目指すことも可能です。

まとめ

理学療法士の仕事内容や魅力についてご紹介しました。理学療法士のやりがいは病気やケガ、加齢により自立した日常生活を送ることが難しくなった方の身体機能改善・維持に貢献できる点です。利用者だけでなくその家族の生活にも良い影響を与えることができ、魅力に感じる方も多いようです。リハビリの道を目指す方は、資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

キララサポート介護ではスキルアップ・キャリアアップを目指す方の転職活動をサポートしています!メール、電話の他、LINEでのご相談も可能です。下のボタンからお友だち追加をお願いいたします。

お友達追加はこちら

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
タグ : 介護の資格
Pocket

The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!