介護職でも産休・育休はとれる?給付制度や取得の流れについて解説

公開日: 介護 , 介護お役立ち情報 , 介護士の福利厚生・待遇

産休・育休は条件を満たした方なら介護職員かどうか関係なく取得できる制度です。ただ、忙しい介護の現場で働いている方の中には、産休・育休が取れるか心配な方はいらっしゃいませんか?今回のコラムでは、産休・育休制度の解説に加え、取得の流れをご紹介します。

産休・育休制度とは

まずはそれぞれの制度についてご説明します。

産休

出産前後(出産予定日の6週間前から出産翌日の8週間までの期間)に休暇を取得できる制度です。労働基準法で定められており、出産する全ての女性に権利が与えられています。
出産前の休暇は本人の意思で取得するかどうか決められますが、出産後は本人の意思に関わらず就業できない決まりとなっています。

育休

1歳を満たない子どもの養育のため休暇を取得できる制度で、1歳になるまでの期間内で希望する時期に利用することが可能です。育休は育児介護休業法で定められている権利です。職場復帰が困難な場合、期間を1歳6ヶ月まで延長できます。

介護職の方も産休・育休はとれるの?

正社員、パート、アルバイト含め、介護職の方も要件を満たせば産休・育休は取得できます。

産休の取得要件

・出産を控える全ての女性が対象
・出産の6週間前(双子以上の場合14週間前)から申請を行う

育休の取得要件

・1歳を満たない子どもを持つ男性女性(性別は問わない)
・休暇開始日の1カ月前までに申請が必要

産休・育休中の給与やボーナスはどうなる?

カレンダーと給料袋産休・育休取得中は給与やボーナスはでるのでしょうか。

産休・育休中の給与

産休・育休中は給与が出ないのが一般的です。ただし、出産手当金など制度を設けている職場では休暇中も給与がもらえるようです。

産休・育休中のボーナス

ボーナスの有無も職場によって異なります。支給要件については就業規則等に記載があることがほとんどのため、事前に確認しておくと良いでしょう。

産休・育休中にもらえる給付金制度

産休・育休中は給与やボーナスがもらえない場合がほとんどですが、健康保険・雇用保険に加入しているなど一定の条件を満たす方は手当を受け取ることができます。

出産手当金

健康保険に加入している方は出産手当金を受け取ることができます。産休に入る前の12カ月間の平均給与を30で割った金額の3分の2を1日当たりの支給額とし、出産前後の日数分で算出した金額が支給されます。産休中に給与が会社から支払われる場合は、出産手当金の支給額が変わるケースもあるようです。

出産育児一時金

出産時にかかる経済的負担の軽減のため、生まれる子ども1人につき42万円が支給されます(2021年12月時点)。双子の場合は84万円が支給になるなど、多胎児の出産時には人数文の出産育児一時金を受け取ることができます。

育児休業給付金

育児休業中に申請することで受け取ることができる給付金です。産休取得の最終日の翌日から、子どもが1歳になる前日まで支給されるのが一般的ですが、育休を延長する場合は条件を満たしていれば給付金の支給期間も延長することができます。

介護職の方が産休・育休を取得するメリット

介護職の方が育休・産休を取得するメリットをご紹介します。

産休・育休明けも同じ職場に復帰できる

職場環境を変えることなく復帰できるため、ブランク期間を最小限にできるのが大きなメリットといえます。また、周囲の介護職員との関係性も築かれているため急な休みやシフト変更も理解されやすい傾向にあります。

育児に専念できる

育休を取ることで子どもとの時間を確保でき、家事や子育てに専念できます。育児中は生活リズムが崩れやすいため、体力勝負の介護の仕事へすぐに復帰するのは難しい方が多く、体調を整えるためにも休暇を取得するのがおすすめです。

給付金や支援制度を受けられる

出産前後は経済的な負担もかかりますが、給付金を受け取ることができれば生活の支えになります。

産休・育休を取得する際の注意点

記録をつける介護職員育休・産休を取得する際に知っておきたい注意点をご紹介します。

収入が減ってしまう

育休・産休中は給付金や手当を受け取ることはできますが、夜勤に入ってフルタイムで働いていた頃よりも収入が減る点は心構えをしておきたいですね。

円滑に産休・育休を取得するには?

育休・産休を取得する流れやポイントをご紹介します。

まずは直属の上司に報告

業務内容のことを考慮し、早めに妊娠報告、休暇相談すると安心です。噂などが広まってしまい報告するよりも先に上司の耳に入ってしまうと気まずい思いをするケースもあるため、同僚よりもまずは直属の上司に伝えることをおすすめします。

産前休暇や育児休暇の申請

産休は出産の6週間前(双子以上の場合14週間前)から申請が可能、育児休暇は育休取得の1か月前までに申請が必要です。申請期限をしっかり把握し、計画的に手続きを進めましょう。

産休・育休を取得したいと考えている方へ

妊娠中または出産後に身体的にきついと感じた方の中には、職場への申し訳なさから退職する方もいらっしゃいます。長く働くためには、ライフステージに合わせて働きやすい環境の職場で勤務することが大切です。今後、子育てと両立しながら働きたいと考えている方は、今のうちから働きやすい職場へ転職するのも一つの手段です。子育て中の方が働いている施設や、産休・育休から復帰した方の多い職場であれば、ご自身が出産する際も安心して制度を利用できるのではないでしょうか。

自分に合った職場を探すなら「キララサポート」!

転職の際は、産休・育休制度が充実している職場や子育てママが活躍しているかどうかを見極めることが大切ですが、一人で見つけるのは難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。介護専門の転職支援サービス「キララサポート」なら、職場の雰囲気や福利厚生、働いている方の特徴などをしっかり把握しているため、条件に合った求人が見つけやすくなります!お住まいの地域等の情報に加え、「育休の取りやすい職場」や「ママさん介護士が活躍している職場」を探したいと担当者にお伝え頂ければ、求人をピックアップして提案してもらうことが可能です。

無料で相談してみる

まとめ

介護職の方が育休・産休を取得するための情報をご紹介しました。産休は全ての出産する女性に与えられる権利であり、産休も条件を満たすことで雇用形態に関係なく取得できます。今の職場が産休・育休を取りづらい雰囲気であったり、子育てとの両立が難しいと感じた場合は思い切って転職するのも一つの手段です。ご自身の身体を第一優先に考え、長く勤務できる職場を見つけることが大切です。

キララサポートのコンサルタントは実際に施設を訪問して情報を収集しているため、各職場の雰囲気や育休・産休の取得情報も把握しています!子育てをしながら介護のお仕事を続けていきたい方は、是非キララサポートへご相談ください!

無料で相談してみる

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
タグ : ライフイベント
このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!