介護職で働く方の給料・年収について!キャリアパスと給料アップについてもご紹介!

2020.09.28介護 , 介護士の給与・年収
Pocket


介護職で働く方の年収について、皆さまはどのようなイメージをお持ちでしょうか。介護業界の給与は資格やキャリアによって変化しやすく、様々な手段で給与アップを目指すことが可能です。今回のコラムでは、介護職で働いている方の給与に関する情報をご紹介します。

キャリアやお仕事に関する情報はキララサポート介護のLINEでも配信中♪

お友達追加はこちら

介護職で働く方の給与・年収について

平成30年賃金構造基本統計調査(※1)によると、介護職の平均年収は約3,400,000円、平均月収は約240,000円との結果が出ました。同年発表の国税庁資料では、全職業の給与所得者の平均給与は4,400,000円と記載されており、介護職の年収は他産業に比べ高い給与水準とは言えませんが、国全体で人員確保のために処遇改善に努めているのも事実です。実際に、年々給与額が上がってきており、今後も政府の方針によって状況は変わっていくものと考えられます。

介護職の給与を上げる手段の一例

・資格を取得する
介護職員の給与は資格の有無で差がでる場合が多く、資格取得は給与アップに繋がります。
厚生労働省発表の資料(※3)によると、介護職員初任者研修の資格保有者の月給平均(常勤)が285,610円であったのに対し、介護福祉士の月給平均は313,920円でした。介護施設で働く資格保有者と無資格者で比較しても、資格保有者は無資格者よりも40,000円近く月収が高い結果となっています。
この給与差は資格手当が支給されることや、資格に応じてキャリアアップが可能なことが主な要因です。

少子高齢化が進むなかで、介護業界は慢性的な人手不足が続いていると言われています。介護業界未経験の方や、ブランクのある方も歓迎している施設が多い中で、どのような資格があると活躍できるのでしょうか。今回のコラムでは、介護のお仕事に必要な資格や、各資格...

・勤続年数を上げる
厚生労働省のデータ(※4)を見ると、勤続年数も給与に関与していることが分かります。

勤続年数平均月収
1年(勤続1年~1年11か月)270,740円
2年(勤続2年~2年11か月)278,550円
3年(勤続3年~3年11か月)282,700円
4年(勤続4年~4年11か月)284,300円
5年(勤続5年~5年11か月)290,400円
6年(勤続6年~6年11か月)290,950円
7年(勤続7年~7年11か月)293,120円

勤続年数だけでなく、資格取得や昇格による給与アップも考えられますが、人員確保の観点から、長く勤務してくれる職員の待遇を上げたいと考える施設が多く、勤務する年数によって収入も変化するようです。ただし、勤続年数による収入アップを狙っていても、給与のベースが低い職場で勤務を続けていては他の職場で働く場合よりも年収が上がらないケースもあります。キャリアアップや待遇向上を狙うのであれば、転職も視野に入れてみるといいかもしれません。

現時点での自分の給与水準や、今の職場で長期的に勤務した場合と他の職場で勤続年数を重ねた場合、どちらが好待遇かを比べることをおすすめします。

比べ方が分からない、他の職場の情報も見てみたい方は、介護分野に特化したキララサポートのコンサルタントに無料で聞いてみてはいかがでしょうか。

無料で相談してみる

・手当等の充実した勤務先で働く
資格手当や夜勤手当の支給額に決まりはなく、施設によって様々です。手厚い手当を用意している職場を選ぶことで、同じ資格、同じ夜勤回数でも収入を上げることが可能です。

施設による手当の差を、介護の転職支援に特化したキララサポートの求人を例に見てみましょう。東京都の介護福祉士・正社員求人で条件を統一して比較します。

施設A 夜勤手当 6,000円/1回
資格手当 5,000円

施設B 夜勤手当 7,000円/1回
資格手当 10,000円

施設C 夜勤手当 10,000円/1回
資格手当 12,000円

同じ東京都内の介護福祉士でも手当に差があり、施設Aと施設Cでは、手当だけで月あたり数万円の差が出ます。資格をお持ちの方は、手当の手厚さもチェックすることをおすすめします。

・ケアマネージャー、生活相談員を目指す
ケアマネージャー、生活相談員はどちらも介護職のキャリアアップ資格です。各職業を目指すには一定の実務経験や資格が必要ですが、介護福祉士等他の仕事をしながらでも挑戦することが可能です。介護施設だけでなく、地方自治体の公務員として勤務することもできるため働き方の幅を広げることも期待できます。

介護の職種の一つに「ケアマネージャー(介護支援専門員)」という仕事があります。介護業界でキャリアアップしていきたい方が目指す職業の一つです。本コラムでは、そんなケアマネージャーの仕事とはどのような内容で、どうすればなれるのかをご紹介します。ケアマ...

介護のお仕事の一つに、「生活相談員」という職業があります。ソーシャルワーカーとも呼ばれ、介護職のキャリアアップ先として目指す方も多いようです。この仕事に就くために必要な資格や、仕事内容はどのようなものなのでしょうか。今回のコラムでは、生活相談員の...

介護職の処遇改善の可能性

ペンとノート介護職員の確保のため、日本では介護職の処遇改善が勧められています。2025年までに、年間70,000人の介護職の増員が必要であると厚生労働省が発表しており、現状その数には及んでいません。今後より多くの介護職員人口を集めるため、資格や研修受講数を基準とした待遇改善が見込まれているとのことです。

施設ごとの給与水準

介護施設は施設ごとに給与が異なります。平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果(※5)から分かる金額の差を見てみましょう。

特別養護老人ホーム 325,360円/月
介護老人保健施設 311,150円/月
訪問介護 269,640円
通所介護 258,200円/月

※上記金額は月給、常勤の職員(管理職除く)の場合です。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設は他の施設に比べ月給が高い傾向にあります。様々な要因がありますが、主に夜勤の有無による差と考えられます。訪問介護、通所介護施設は夜勤がないため、その分手当がなく、収入に影響がでるようです。

まとめ

介護職の収入アップの方法についてお伝えしました。介護職は職場を変えることで今と同じ条件でも収入を上げることが可能です。また、資格の有無でも手当による差が生じてきますので、転職の際は資格取得も検討してみてはいかがでしょうか。

介護業界に特化したキララサポートでは、皆さまの収入アップや資格取得を応援しています。給与に関するご相談、お仕事のお悩みも全てお聞かせください。

無料で相談してみる

参考(キラライク以外のサイトに移動します):
※1 厚生労働省
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450091&tstat=000001011429&cycle=0&tclass1=000001113395&tclass2=000001113397&tclass3=000001113405&stat_infid=000031683128
※2 国税庁
https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2019/minkan/index.htm
※3、4 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/jyujisya/19/dl/30kekka.pdf#page=115

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
タグ : キャリアアップ 処遇改善
Pocket

The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!