ケアマネージャーになるには?資格取得・キャリアアップについて

2020.07.20介護の仕事
Pocket

介護の職種の一つに「ケアマネージャー(介護支援専門員)」という仕事があります。介護業界でキャリアアップしていきたい方が目指す職業の一つです。本コラムでは、そんなケアマネージャーの仕事とはどのような内容で、どうすればなれるのかをご紹介します。

ケアマネージャーとは

笑顔で働く介護スタッフまずはケアマネージャーの仕事内容について解説します。ケアマネージャーとは、要介護者が介護保険サービスを受けられるようにケアプランの作成を行う仕事です。また、介護者と介護サービス事業者の間に入って両者を繋ぐ調整役として、重要な役割を担っています。ケアマネージャーは介護保険のスペシャリストともいわれ、高い専門知識が求められます。

施設ケアマネージャーと居宅ケアマネージャーについて

高齢者が介護サービスを利用する際、自宅に住んだまま介護を受ける場合と施設に入所する場合の2パターンに分けられます。ケアマネージャーの業務は利用者がどちらの場合でも大きな違いはありませんが、在籍する事業所が異なります。

施設ケアマネージャー
介護施設に入所する高齢者のためにケアプランを作ります。施設ケアマネージャーは、入居者100人に対し最低1人配置すると決まっており(※1)、多い場合では利用者全員を1人で担当することもあるようです。
利用者が勤務先で生活している状態にあるため、居宅ケアマネージャーよりも間近で様子を見ることができる上、介護士、看護師との距離も近く情報収集がしやすいのが特徴です。

居宅ケアマネージャー
居宅介護支援事業所に在籍し、自宅で暮らす高齢者に向けたケアプランの作成を行うのが居宅ケアマネージャーです。担当する利用者宅を訪問し、困っていることや心身の様子を伺います。1名のケアマネージャーで担当する利用者は標準35人と規定され、40人を超えると居宅介護支援事業所の報酬が減額されます(※2)。

ケアマネージャーの魅力・やりがいとは

①介護の知識が増える
ケアマネ―ジャーの業務では、一般の介護職員が持っている知識だけでなく、介護保険など介護に関わる幅広い知識が必要不可欠です。専門知識を増やしていくことは大変なことでもありますが、得た知識によって利用者の役に立てた時に達成感や喜びを感じられるのではないでしょうか。

②やりがいを持ち続けられる
ケアマネージャーは介護サービスの利用者には必要不可欠な存在で、利用者やその家族に喜んでもらえることが魅力の一つです。ケアマネージャーとしての自分の対応で利用者の生活がより良い方向に向かっていることに、やりがいを持って働いている方が多いようです。

③人との出会いや関わりがたくさんある
介護職員、医師、看護師、利用者とその家族など、日々様々な人との関わり合いが多いのがケアマネージャーの特徴の一つです。時には行政担当者や福祉用具販売の営業担当者など他職種と連携しながら利用者を支えていくこともあり、新しい刺激を受けながら働くことができます。

④活躍の場が幅広い
ケアマネージャーの職場は多岐に渡ります。主な就職先としては、老人ホーム、居宅介護支援事業所等が挙げられます。近年は介護サービスの多様化によってグループホームでも需要が高まっている等、活躍の場は更に広がっていくと言われています。

⑤勤務時間が調整できる
ケアマネージャーの主要な仕事である、利用者宅への訪問、ケアプランの作成業務は日中に行うことがほとんどで、他の介護職員のように夜勤になることはほぼありません。また、担当する利用者の数にもよりますが、利用者宅への訪問時間はある程度調整が可能なため、子どもの送り迎えのタイミングは避けるなど、工夫して働く方もいるようです。

ケアマネージャーの資格取得方法

ペンとノート受験資格
ケアマネージャーの受験資格は2018年に改訂されています。2018年以降の試験でケアマネージャーの受験資格が与えられているのは下記の①、②のどちらかを満たす人です。

① 特定の国家資格を保有し、その資格に基づく業務の実務経験が通算五年以上かつ従事した日数が900日以上
対象の国家資格:医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士含む)、精神保健福祉士

つまり、介護福祉士の資格を持っている方は介護福祉士として特定の期間勤務しなければ受験資格を得られないということです。

② 特定の業務の実務経験が通算五年以上、かつ従事した日数が900日以上
対象の業務:生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員

①、②ともに、実務経験の期間は試験前日までに満たしていれば良いとされています。申し込み時点で日数が足りていなくても、「実務経験見込み証明書」の提出で受験が可能です。

※都道府県によって受験資格が異なる場合がありますので、詳細は受験地の担当部署に確認してください。

受験費用
6,600円~14,400円
受験料は都道府県によって異なり、手数料が別途発生する場合もあります。

試験日程
年1回、毎年10月頃実施されています。
※災害等で中止となった地域では別日程で再試験あり

2020年の試験日は10月11日です。

難易度
ケアマネージャーは介護系では難関資格の一つとされています。過去5年間の合格率と受験者・合格者数の推移は以下の通りです。(※3)

実施年受験者数合格者数合格率
2019年度41,049人8,018人19.5%
2018年度49,332人4,990人10.1%
2017年度131,560人28,233人21.5%
2016年度124,585人16,281人13.1%
2015年度134,539人20,924人15.6%

2020年度の介護福祉士国家試験の合格率は69.9%でしたので、他資格と比べても合格率の低さは明らかです。ケアマネ―ジャーの質向上のため、年々試験が難しくなっていっていると言われており、合格を目指すにはしっかりとした対策が必要なようです。

ケアマネージャーになるまでの流れ

転職するまでの過程試験に合格しただけでは資格が付与されないことを御存知でしたか?ケアマネージャーの試験合格後、資格を取得するまでの流れをご紹介します。

ステップ①介護支援専門員実務研修

試験に合格したのち、「介護支援専門員実務研修」を受けます。ケアプランの作成など実践的なカリキュラムが用意されています。研修時間は全国共通で87時間とされていますが、実施スケジュールや回数は都道府県によって異なるようです。

ステップ②登録申請

「介護支援専門員実務研修」修了後3か月以内に介護支援専門員資格登録簿への登録申請と介護支援専門員証の交付申請を行います。

ステップ③介護支援専門員証

登録申請から1か月月程で介護支援専門員証が交付されます。これが資格証明証となり、ケアマネージャーとして勤務できるようになります。

ステップ④業務開始

勤務している職場にケアマネージャーの募集があれば職場内でキャリアアップを目指すことも可能です。給与の高い求人に応募することも良いかもしれません。
ケアマネージャーの実務経験がなくても採用される、「未経験OK」の求人を探すと良いでしょう。

ケアマネージャー未経験でも挑戦できる求人を探す

ケアマネージャーのキャリアアップについて

キャリアアップ研修主任ケアマネージャー

ケアマネージャーのキャリアアップ先の一つとして、「主任ケアマネージャー」が挙げられます。規定の研修を受けたケアマネージャーに与えられる上位資格で、より高度な知識と専門性を持ったポジションとされています。

主任ケアマネージャーの勤務先
居宅介護支援事業所、介護施設、地域包括支援センター等が主な就職先です。

主任ケアマネージャーの役割
・他のケアマネージャーへの指導、助言等のフォロー
・新人ケアマネージャーの育成
・地域全体のケアマネージャーのスキルアップ、交流を支援する

上記のように、他のケアマネージャーのまとめ役、リーダー的な働きが期待される仕事です。

主任ケアマネ―ジャーになるには

主任ケアマネージャーになるには「主任介護支援専門要員研修」を受ける必要があります。

受講資格
厚生労働省によると、主任ケアマネージャーの受講資格は以下のように示されています(※4)。

① 専任の介護支援専門員として従事した期間が通算して5年(60ヶ月)以上である者(ただし、管理者との兼務は期間として算定できるものとする。)

② 「ケアマネジメントリーダー活動等支援事業の実施及び推進について」(平成14年4月424日老発第0424003号厚生労働省老健局長通知)に基づくケアマネジメントリーダー養成研修を修了した者又は日本ケアマネジメント学会等が認定する認定ケアマネージャーであって、専任の介護支援専門員として従事した期間が通算して3年(36ヶ月)以上である者(ただし、管理者との兼務は期間として算定できるものとする。)

③ 施行規則第140条の66第1号イ(3)に規定する主任介護支援専門員に準ずる者として、現に地域包括支援センターに配置されている者

④ その他、介護支援専門員の業務に関し十分な知識と経験を有する者であり、都道府県が適当と認める者また、受講対象者

施行規則第140条の66第1号イ(3)・・・介護保険法施行規則第五章に記載

上記の他、自治体によって要件が異なるようです。詳細は所属する地域の情報を確認してください。

ケアマネージャーの給与は?

給料について厚生労働省の「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果(※4)」によると、ケアマネージャーの給与平均(ボーナス、残業代込み)は月収35万320円で、介護職員の平均水準である30万970円より5万円近く高い結果となっています。夜勤なしのお仕事であることを考えても、一般の介護職よりも高い給与が期待できるようです。

キララサポートで扱っているケアマネージャーの求人を例に、実際の給与を見てみましょう。

神奈川県 ユニット型特別養護老人ホーム 正社員求人
年収3,581,600円~4,359,040円

福岡県 居宅介護支援事業所 正社員求人
年収2,595,308円~3,816,000円

埼玉県 介護付き有料老人ホーム 正社員求人
年収3,267,000円~4,460,480円

地域や経験年数にもよりますが、年収3,000,000~4,000,000円が相場のようです。今のご自身のお住まいの地域や年収でどれくらいの給与で募集があるか、こちらからチェックしてみてください。
ケアマネージャーの求人をチェックする

まとめ

介護を必要とする利用者とその家族の状況を踏まえ、総合的にケアプランを提供するお仕事です。利用者の生活に大きく関わる業務のため専門知識や幅広い対応が求められ、ハードルの高い仕事とされていますが、その分やりがいを感じて頑張っている方が多いようです。
介護業界への貢献とともに、ご自身のスキルアップ、報酬アップにも繋がる資格ですので、興味のある方は是非取得を検討してみてはいかがでしょうか。

介護業界に専門特化した人材紹介サービスのキララサポートならケアマネージャーの紹介実績も多数ございます。
資格を取ってキャリアアップを目指す方はお気軽にご相談ください。

無料で相談してみる

参照(キラライク以外のサイトに移動します)
※1 厚生労働省 指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準
https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=82999406&dataType=0&pageNo=1
※2 厚生労働省 居宅介護支援参考資料
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000170291.pdf
※3 第22回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187425_00004.html
※4 主任介護支援専門員研修ガイドライン
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/2016.11shuninkenshugaidorain.pdf

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
Pocket

The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!