【転職をお悩みの方へ】介護職で働く方の転職先の選び方とポイント

2020.09.28介護 , 介護お役立ち情報
Pocket

現在介護職で働く方の中に、「転職を考えているものの、失敗しないか不安」と感じている方はいませんか?転職によって、今よりも良い職場で働くチャンスが得られますが、安易に決めてしまうと「こんなはずではなかった」と後悔してしまう場合もあります。せっかく勇気を出して転職するのであれば、満足のいく職場を選びたいですね。
本コラムでは、介護職の方が転職で後悔しないために、転職先の選び方や抑えておきたいポイントをご紹介します。少しでも理想に近い職場で勤務するために、転職先について考えて頂く機会になれば幸いです。

介護職の現状とは

介護業界は少子高齢化の影響で慢性的な人手不足となっています。2025年には2,370,000~2,490,000人の介護職員が必要と言われており(※1)、年間70,000人前後の人材確保が目標とされています。この情報からも、介護職に対する需要は今後もますます増えていく見込みです。

介護職で働く方が感じる入社後のギャップ

介護職で働く方が、入社後に「想像していた働き方と相違がある」と感じる場合は多々あるようです。入社後に感じるギャップの例をご紹介します。

聞いていたよりも仕事がきつい

人手が足りていない施設では夜勤明の休みが十分にもらえないケースや、1人で抱える業務量が多く激務だと感じる方が多いようです。人手不足により教育体制が整っていない職場では、新人が入ってきてもルールや仕事方法を教えてもらえず利用者に迷惑をかけてしまったという話もあります。

やりたい介護ができない

所属する介護施設や企業の方針と自分の目指す介護が異なり、利用者の役に立てていないと感じる方もいます。待遇ばかりを見て仕事内容や方針を吟味せず転職した結果、やりがいを感じられず続かないケースもあるようです。

介護の現場で働く方が転職先を選ぶ際のポイント

目的を明確にすること

考え事をする女性なぜ介護職を選ぶのか、どのような介護をしたいか、将来どうなりたいかを明確にすることで、転職先の施設形態や働き方を絞ることができます。また、何が「良い職場」と感じるかは人それぞれ基準が異なります。ですので、自分の中で仕事や人生において何が大切かという軸をはっきりさせることができれば、良い職場を見つけることに一歩近づきます。

希望する施設や待遇を決めておく

デイサービスや訪問介護は主に日勤のみですが、特別養護老人ホームは夜勤があるなど、施設によって働き方はさまざまです。給与や休日の条件も異なるため、職場を探す前に待遇面の希望をはっきりさせておきましょう。
希望が多すぎると選択肢が狭くなりすぎてしまうため、絶対に妥協したくない条件を検討し、条件に順位付けをしておくことをおすすめします。例えば、収入面・施設形態・勤務地は譲れないけど、シフトが多少融通の利かない職場でも納得できる、等こちらも条件は人によって異なります。

また、施設に対する希望の一つに「建物が新しく、綺麗な所で働きたい」という条件がありますが、新築の施設で働いていても、長く勤務するほど建物は古くなっていきます。長期的に働くことを考えれば、施設の新しさは優先順位の上位には含めないことをおすすめします。

施設情報の収集

虫眼鏡でよく見る希望条件を明確にした後は、数多くの求人を比較・検討し、理想に合った職場選びを行います。施設形態によって働き方は大きく変わるため、給与や待遇以外にも、求人の施設形態もしっかりチェックすることをおすすめします。

施設形態ごとの特徴を知りたい方はこちらから各施設の詳細をご覧ください。

個人でできる情報収集としては、インターネットで施設名を検索する、求人票を見る等が主な手段となりますが、表面的な情報しか得られない場合もあります。職場の雰囲気や人間関係はインターネットでは分かりにくいため、転職エージェントに聞いてみると良いでしょう。

介護業界に特化したキララサポートでは、コンサルタント自身が施設の採用担当者とやりとりし、皆さまに求人をご提案しています。インターネットでは得られない、各施設の詳細をしっかりお伝えしています。

無料で相談してみる

施設見学や面接で抑えておきたいポイント

働きたい職場が見つかった際は、是非施設見学をしましょう。施設見学や面接で職場を訪れた際は、利用者やスタッフの様子を確認しておきましょう。利用者が安心し、リラックスできているか、スタッフは慌ただしくしていないか、いきいきとした表情で働けているか等をチェックしてみてください。

転職のプロはココを見る!

ベージュのスーツを着た女性介護業界の転職に特化したキララサポートのコンサルタントに、施設を訪問する際、どのようなところを見ているか聞いてみました。「下記に当てはまる施設は良いところ」とは一概には言えませんが、見学の際に参考にしてみてはいかがでしょうか。

① 施設の清潔感
見学の際、施設内の共有スペースの清掃が行き届いているかを確認するようにしています。一般的に、業務量が多く、スタッフに余裕がない施設は清掃が後回しになりがちといわれています。建物が古い施設でも、照明の明るさが十分かつ清潔感があれば問題ないと判断しています。

② 職員から挨拶があるかどうか
見学の際、外部の人間であるコンサルタントと求職者様に対し、職員の方が挨拶をしてくれるかを見ています。笑顔で挨拶して下さる施設だと、不安な求職者の方も安心して入職頂けると感じます。また、おしゃべりばかりしている施設は不安かもしれませんが、業務の合間に軽い雑談が出てくる職場はコミュニケーションがうまくいっている印象です。

③ 利用者の雰囲気
リラックスしているか、楽しそうか、といった表情以外に、服装や身だしなみから、経済的状況も見てみるといいかもしれません。比較的お金に余裕のある層が多い場合、介護サービス以外にも接遇やマナーが求められる職場である場合もあります。一概にはいえませんが、どのような方を相手に仕事をするのかは見学の際に把握しておきましょう。

④ 職員の年齢層
「若い人が多いから良い」等、特定の年齢層で善し悪しを判断するためではなく、施設の特徴と担当する求職者の方のマッチングのために年齢層をチェックしています。年代の近い人の方が話やすいと普段から感じている方は、どの年代が多く働いているか見てみてくださいね。

その他、キララサポートを使って転職した介護職の方のご感想をこちらからご覧頂けます。面接や施設見学の際に感じたことなど、エリア・職種・性別・年齢ごとに検索することが可能です。

介護職の今後

冒頭でもお伝えした通り、高齢化に伴い、介護人材の需要は今後ますます高まっていきます。人材確保のための処遇改善、労働環境改善も国によって進められており、働き方の改善も期待ができると言えます。また、介護職の魅力は性別、年齢、学歴に左右されることなく誰もが活躍できる点です。キャリアアップのための資格が用意されており、資格手当という形で給与アップを目指すことも可能です。介護を取り巻く環境は年々変化しており、将来性が期待できる業界です。

まとめ

介護職の転職先選びとポイントをご紹介しました。転職において、入社はゴールではなくスタートであり、転職先で長くやりがいを持って働くことが大切です。長く自分らしく活躍するために、本コラムが職場選びの参考になれば幸いです。

お仕事探しの際には、介護業界に特化したキララサポートを是非ご活用ください!ご希望に合った職場探しに加え、面接対策、書類作成サポートなど転職成功のお手伝いを致します。

無料で相談してみる

参考(キラライク以外のサイトに移動します):
※1 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/0000047617.pdf

キララサポート
キララサポートで見つかる職場
今すぐ医療・福祉の求人をさがす♪
コンサルタントに無料で転職相談♪
タグ : 介護ノウハウ
Pocket

The following two tabs change content below.
kiralike編集部

kiralike編集部

kiralike(キラライク)編集部です。保育・介護・看護のお仕事がもっと楽しくなるような、今日も明日も笑顔が輝く情報を発信します!